お金を低金利で借りる方法は?【金利0~2%で融資を受けられる方法をご紹介!】

お金を借りるときに気になるのが金利です。金利が低ければ低いほど返済が楽になります。消費者金融や銀行カードローンでは15%の年利がほとんどです。より低い金利で借りる方法はないのでしょうか。

国や自治体から借りる勤労者融資制度というものがあり、0%〜2%と大変低い金利で借りられます。

この記事では、国や自治体から低金利でお金を借りる方法を消化します。

国や自治体からお金を借りれば、低金利でお金を借りることができる

お金借りる

生活のためにお金を借りたいけど、利息はなるべく抑えたいという人は、国や自治体からお金を借りられる公的融資制度を利用しましょう。この制度は低所得者や高齢者・障碍者の生活を守るためにあり、無利息または低金利で融資を受けられるものです。

国民の最低限度の生活を確保できるための制度なので、対象の人は是非利用してみたいですね。

国や自治体からお金を借りるにはどんな制度があるの?

どんな制度

勤労者融資制度は各自治体により運営されている制度です。一定期間以上その自治体に住んでいるか、その自治体にある中小企業に勤めている人が対象となります。

自治体にもよりますがおおよそ融資上限額は100~200万円金利は1~2%と大変利用しやすいのです。資金の用途によっても融資限度額は変わります。生活費や使途自由ローンより、教育費や医療費用途のほうが融資額は高い傾向にあります。

勤労者融資制度でお金を低金利で借りるために必要な条件・資格はある?

自治体によって名称や申込条件、限度額や金利は異なりますが、いずれもその自治体にお住まいの人・お勤めの人が対象となります。住民税などの税金の滞納がなく、きちんと返済できる能力・見込みがある人であれば、低金利で融資を受けられます。

正社員でなくても契約社員や派遣社員、パート・アルバイトでも申し込みでき、条件があえば問題なく利用できます。利用をお考えの人は、お住まいの自治体のHPなどを調べてみましょう。

借金があっても勤労者融資制度でお金を借りることはできる?連帯保証人は?

銀行や消費者金融、クレジットカードなどで借入れがあっても申し込み可能で、審査に通ればお金を借りることは可能です。審査では信用情報の照会がされるため、他社の借入状況と他社への返済状況を踏まえて審査されます。借入額が多かったりすると審査に落ちる可能性もあります。審査の際の連帯保証人は基本的に不要で、保険協会が保証人となります。

勤労者融資制度で低金利でお金を借りるための手順は?

手段

① 問い合わせ

では実際に勤労者融資制度を利用するにあたり、自治体によって問い合わせ先は異なるので、まずは自治体のHPや役所に電話して確認しましょう。その際に必要なものがないかの確認も忘れずにしておきましょう。

② 来店して申し込む

問い合わせ先に実際足を運び、いよいよ申し込みしましょう。申し込む制度によって異なりますが、源泉徴収票などの収入を証明する書類や納入通知書などの資金用途を証明する書類が必要になります。

③ 審査とその結果通知

必要書類などを提出し、審査に入ります。審査に要する日数は最短で5営業日といわれています。審査の結果、融資しても問題ないと判断されれば次のステップにいきます。

④再度来店し契約手続する

審査に通った場合、再び問い合わせ先に来店し契約手続きを進めます。契約時は実印と印鑑証明書が必要になります。問い合わせ先が銀行などの場合は、口座開設なども行う必要があります。

勤労者融資制度でお金を借りるまでに要する時間

申し込みから融資実行までは、最短で10日で通常は2週間前後かかることになります。すぐにお金が必要な人には適さないですが、やはり借入先が自治体である安心感と銀行などと比べての金利の安さは魅力です。前もっての計画的な借入ができる人には是非利用して頂きたいですね。

低金利でなおかつ迅速にお金を借りたいときは?

確かに低金利で魅力ですが、すぐにお金がほしい人もいますよね。突発的にお金が必要な人には、プロミスやアコム、アイフルなどの大手消費者金融をおすすめします。初契約であれば30日間無利子で融資を受けられます。あくまでも初めての人が対象ですが、このサービスはとても魅力的ですよね。

国や自治体の融資制度を使って低金利でお金を借りよう!

低金利

最後に、銀行などでお金を借りるより、各自治体の融資制度を利用する方が結果的に低金利でお得であることがわかりました。ある程度の条件はありますが低金利なので、適していれば優先的に利用したい制度です。

突発的な支出などには対応できないので、その際は消費者金融などを利用することも視野に入れましょう。

▼金利面でお薦めのキャッシングサービスはどこ?▼

金利面でお薦めのキャッシングサービスはどこ?比較する方法は?