相続放棄をすれば連帯保証人の義務もなくなる?相続と連帯保証契約の関係とは

もし亡くなった親が他人の連帯保証人だった場合、財産と共に相続してしまう可能性があるのか気になりませんか?相続放棄すれば連帯保証人の義務は無くなるのか、どうなのかわからないことがたくさんあると思います。

この記事では、相続放棄をした場合の連帯保証人の義務や相続放棄の期限について説明していきます。

亡くなった親が借金の連帯保証人になっていた

無職

親が亡くなり、実は借金の連帯保証人だった場合、どう対応すればよいだろうか。

まず、基本的に財産を相続すると、その連帯保証人も相続することになります。

つまり、相続するということは、借金や未払いの費用、債務保証など、マイナスの財産を含めた、全ての財産を引き継ぐことになるからです。

なので、相続人は、相続前に被相続人の、財産を鑑みて、相続か放棄かの判断をするようにしましょう。

相続放棄をしなければ連帯保証人も相続される?

亡くなった人が他人の連帯保証人だった場合、基本的には亡くなった人の相続人が連帯保証人を承継することになりますが、その場合は相続放棄をすれば回避することができます。ただし相続放棄をしてしまうと、亡くなった人の家や預金と言った正の財産も相続できなくなってしまうので注意が必要です。プラスの財産がマイナスの財産を上回っていたり、連帯保証人を承継しても問題ない場合などがあるので、よく考えて決断しましょう。

連帯保証人を相続したくない時の対処法

借金

連帯保証人を相続したくない場合、どうしても借金の返済義務から逃れたいのであれば、相続放棄をしましょう。ただし相続放棄をすると、上述の通り預貯金など正の財産も相続することができなくなります。一度決めると後で変更はできないので、じっくり考えて判断するようにしましょう。連帯保証人を相続したくない場合の対処法としては、これが最善の手となります。

財産の相続放棄には期限がある

相続放棄には期限があります。それを熟慮期間と呼び、原則は3ヶ月が期間となります。延長も可能で、必要であれば家庭裁判所に対して申請することで熟慮期間をできます。

実際に相続放棄するには、必要書類を揃えて家庭裁判所に提出します。熟慮期間を過ぎていた場合、決められた期間を超過していないことを説明する為に、合わせて上申書などを提出する必要があります。

亡くなった親の借金の連帯保証人だった場合

滞納

主債務者が亡くなった場合、その相続は相続放棄をしていても、連帯保証人としての責任からは逃れられないのです。しかし連帯保証人に資力がなく、加えて相続可能な財産もほとんど無く、更に相続放棄しても逃れられない、このような状態であるときにはどのように対応すれば良いのでしょうか。

得られた相続財産や自身の財産をもってしても連帯保証債務を支払いきれない債務超過で支払い不能のときは、迷わず任意整理を検討するようにしましょう。

相続放棄は専門家に相談しよう

相続放棄手続は、自分でもできますが、手続きを確実かつスムーズに進め、更に後のトラブルを防止する上では、専門家に相談するのが最善です。専門家であれば、相続放棄するべきか否かの判断や、相続財産の調査、必要書類の準備など、さらに周囲に迷惑をかけることなく、進められます。なので、自分の力でなんとかしようとすることも大事な事ですが、専門家に相談し、指示を仰ぐことで、より確実に遂行できるのです。