子供が親の借金の連帯保証人になったときに発生する義務とは

子供が親の借金の連帯保証人になったときに、発生する義務はどんなものがあるのでしょうか。連帯保証人の責任は重いといいますが、実際にどんな責任が生じるのでしょうか。親が借金を返せそうになくなってしまった場合には、どうすればいいのでしょうか。

この記事で詳しく見ていきましょう。

子供が親の連帯保証人になるケースは多い?

親がどんなに多額の借金を負っていても子供が保証人になっていない限りは法律上、親が返済できなくなったとしても子供に借金の返済義務はありません。しかし連帯保証人となれば話は別で、当然ながら借金の返済義務が発生します。

借金の期日を伸ばしてもらう代わりに子供を連帯保証人にする、などというケースは珍しくありません。しかし連帯保証人になると、重い責任を負うことになってしまうのです。

借金の連帯保証人になるとどんな義務が発生する?

借金の連帯保証人になると、どんな義務が発生するのでしょうか。親と子供という関係であったとしても、連帯保証人という関係なることによっておこる責任は変わりません。

連帯保証人は重い責任を負うといいますが、具体的にどんな責任を負うのか、見ていきましょう。

借主(親)の代わりに返済を請求されたら応じないといけない

まず連帯保証人は借主への代わりに返済を請求されたら、応じなければいけません。

単なる保証人であれば、貸金業者が借金を負った親側では無くいきなり子供に対して借金の返済を請求してきたときは、子供はもとの債務者である親から返済を請求するよう求めることができます。これを「催告の抗弁権」といいます。またこの権利を行使した場合、貸金業者が親への催告をしなかったことで返されることができなかった借金についても、本来催告していれば返済がされた分、保証人である子供が返さなければならない借金も減ります。

しかし、連帯保証人はこの権利をもちません。

そのため、連帯保証人であれば、いきなり子供側に親の借金の返済を請求されても、応じないといけないのです。

借主(親)に財産があっても関係なく返済しなくてはならない

また、連帯保証人は借主の財産がある無しに関係なく借金を返済しなくてはなりません。単なる保証人であれば、借金を負った親側に返済能力があるにも関わらず返済をしなかった場合は借金を負った親への強制執行を求めることができます。これを「検索の抗弁権」といいます。保証人はこの執行がなされるまで、自己の保証責任の履行を拒否することができます。

また上述の催告の抗弁権のように権利を行使した場合、貸金業者が債務者へ直ちに催告をしなかったことで返されることができなかった借金について、本来返済がなされていた分、保証人が返さなければならない借金も減ります。しかし、連帯保証人はこの検索の抗弁権も持ちません。そのため連帯保証人になってしまった場合、親に財産があってもそれに関係なく子供は借金の返済をしなくてはならないのです。

借金の全額を一人で負うことになる

さらに、連帯保証人は借金の全額を1人で負うことになります。単なる保証人であった場合、保証人が複数人いるとき、保証人は借金を頭数で割った分だけを返済するだけで済みます。これを「分別の利益」といいます。

しかし連帯保証人は複数いたとしても、連帯保証人全員が全額を返済しなければなりません。人数とは関係なく、連帯保証人の1人1人が、借金の全額について返済の責任を負うことになっているのです。そのため子供が連帯保証人になってしまった場合には、親の借金の全額を子供側で負うことになるのです。

以上のように、連帯保証人の責任は、親と子供の間であっても結ぶことをお勧めできないほど、責任の重いものとなっています。

親が死亡したら子供の連帯保証契約はどうなる?

親が死亡したら子供の連帯保証契約はどうなるのでしょうか。これも、通常の連帯保証契約と変わりません。債務者である親が死亡した場合、その返済義務は子供へと移ります。

連帯保証人とは、保証契約を債権者と保証人である子供の間で結ぶことによって成立しているものです。しかし親と債権者との間で結ぶのは、金銭消費貸借契約という、子供が結ぶ契約とは別の契約です。そのため、親が死亡しても子供の連帯保証契約は解除されないのです。親が死亡した場合には、連帯保証人である子供が親の借金をそのまま背負う形になります。

親が他にも借金をしていたら子供に返済義務は発生するのか

親が他にも借金をしていた場合には、子供に返済義務は発生するのでしょうか。単なる連帯保証人の契約であれば、その契約を結んだときの借金についてのみ責任を負います。しかし、その連帯保証人の契約の種類が、根保証契約であった場合には、親がその後負った借金でも、子供は保証責任を持たなければなりません。

したがって単なる連帯保証人であり、親の他にしていた借金とは連帯保証契約を結んでいなかった場合には、子供に返済義務は発生しません。根保証契約であった場合には、子供は、親が他にしていた借金の返済義務も負うことになります。

また、連帯保証契約を勝手に結ばれていた場合には、「無権代理行為」をされたということになるので、その借金については返済義務を負いません。もし無権代理行為によっておこった返済義務であっても、債権者からの要求に応じて1度でも返済してしまえば、勝手に結ばれた連帯保証契約を追認してしまう形になります。その場合には返済義務を負ってしまうことになるので、気を付けましょう。

親が借金を返せなくなったら早めに債務整理を

流れ

以上のように、子供が親の借金の連帯保証人となってしまうと、重い責任を負うことになってしまいます。また連帯保証契約を結ばずに済んだとしても、法律上は子供に返済義務は生じませんが、貸金業者が勝手に親の借金を子供に請求しに来る可能性があります。

連帯保証契約を結ぶ結ばないにかかわらず、親が借金を返せなくなったら子供側から早めに債務整理を求めることお勧めします。親と子供という近い関係であるからこそ、正しい知識をもって、借金問題の正しい解決に取り組みましょう。

▼メリットは何一つなし!借金の連帯保証人になるリスクを解説!▼借金メリットは何一つなし!借金の連帯保証人になるリスクを解説!

▼借金をした本人が死亡した場合、連帯保証人に返済義務はあるの?▼ 借金をした本人が死亡した場合、連帯保証人に返済義務はあるの?