借金の連帯保証人を頼まれた!その重すぎる責任とは?

?

借金の連帯保証人を頼まれることは、珍しいことではありません。そして安易に連帯保証人にはなってはいけないという事も、聞いたことがあるかもしれませんね。保証人と連帯保証人の責任についてご存じでしょうか。連帯保証人は保証人よりも重い責任を負う、とは聞いたことがあると思いますが、その責任は実際に非常に重いものです。

この記事では連帯保証人はどんな責任を負うのか、その責任はどれほど重いものなのか、見ていきましょう。

借金の連帯保証人とは?

借金の保証人とは、借金を負った本人が借金で返済できなくなったとき、借金を負っていた人のかわりに、借金の返済をしなければならないという責任を負う人のことです。

借金の保証人は、単なる保証人と連帯保証人の2種類に分けられます。代わりに返済するという責任は同じでも、単なる保証人と連帯保証人では負わなければならない責任の重さが全く違います。では具体的にこの2つがどう違うのかを見ていきましょう。

連帯保証人と保証人の違いについて

10代 お金借りる理由

連帯保証人と保証人はとても大きな違いがあり、絶対に知っておきたいポイントでもあります。

連帯保証人は債務者へ返済の請求ができない

まず、連帯保証人は債務者へ返済の請求ができません。貸金業者がいきなり借金を負った本人ではなく、保証人に対して借金の返済を請求してきたときに、保証人はもとの債務者からそれをするよう、求めることができます。これを「催告の抗弁権」といいます。またこの権利を行使した場合、貸金業者が債務者への催告をしなかったことで返されることができなかった借金についても、本来催告していれば返済がされた分だけ保証人が返さなければならない借金も減ります。

これらは法律で保護されており、債務者が破産手続きや失踪をしない限り行使することができるものです。しかし、連帯保証人はこの権利をもたないため、いきなり連帯保証人側に返済を求めに来られても、それを断ることができないのです。

連帯保証人は債務者の財産差し押さえができない

また、連帯保証人は債務者の財産差し押さえができません。借金を負った本人に返済能力があるにも関わらず返済をしなかった場合、保証人は借金を負った本人への強制執行を求めることができます。これを「検索の抗弁権」といいます。保証人はこの執行がなされるまで、自己の保証責任の履行を拒否することができます。

また上述した催告の抗弁権と同じく、この権利を行使した場合は貸金業者が債務者へ直ちに催告をしなかったことで返されることができなかった借金について、本来返済がなされていたぶん、保証人が返さなければならない借金も減ります。しかし連帯保証人はこの検索の抗弁権も持たないため、債務者が借金を返せる状態であったとしても、債務者が返済をしなければ代わりに返済をしなければなりません。

連帯保証人は借金をすべて返済しなくてはならない

さらに、連帯保証人は借金を全額返済しなくてはなりません。

保証人が1人ではなく複数人いるとき、保証人は借金を、保証人の人数で割った分だけを返済するだけで済みます。借金の割り勘みたいなイメージですね。これを「分別の利益」といいます。

しかし、連帯保証人は複数いたとしても、連帯保証人全員が全額を返済しなければなりません。人数とは関係なく、連帯保証人の1人1人が借金の全額について返済の責任を負うことになっているのです。このように、連帯保証人の責任はとても重いものとなっています。

連帯保証契約の種類が「根保証契約」だった場合の責任

連帯保証人の中でも、さらに種類がありますその1つが根保証契約の連帯保証人です。これはどんな連帯保証人なのでしょうか。

根保証契約とは、一度契約をしたら、債務者がその後負った借金にまでも、保証責任を持つ契約です。また、根保証契約では、保証期間内保証責任の対象となる限度額の範囲内であれば、債務者が返済をしても、保証責任はなくなりません。

事業の立ち上げなど、短期間で何度も借金をする場合は、何度も契約を結ぶのは効率的でないため、1度の契約で済む根保証契約を結ぶことは珍しくありません。しかし根保証でない場合に比べて責任は重く、リスクの高い契約であるといえます。単なる保証人であっても根保証契約を結ぶことはできますが、やはりリスクが高くなる分、その責任は元の保証人よりも重くなります。

重い責任を持つ連帯保証人をたのまれた時の断り方

違法

連帯保証人というのは、債務者は借金をしやすくなるというメリットがありますが、基本的に連帯保証人側には重い責任しかなく、メリットはありません。連帯保証人頼まれた時には、よほどのことがない限り、断るべきです。重い責任を持つ連帯保証人を頼んでくるくらい縁の深い相手だからこそ、その縁を守るためにしっかり断れるようになりましょう。

自分に借金があるから

自分に借金があると言って断るのは、有効な手段です。連帯保証人になるということは、債務者と同じ責任を持つということなので、本当にその責任を果たすことができるか、借金をするときと同様の審査があります。この審査で引っかかると返済の責任を負う能力がないとされ、連帯保証人になれなくなります。

貸金業者も、借金が返ってこない相手には絶対にお金を貸したくないですからね。現代では奨学金を借りる人も珍しくないため、あまり怪しまれずに断ることができると思います。それでも引き下がらない相手であれば、ブラックリストに載っていると言って断りましょう。

すでに他の人の保証人になっている

すでに他の保証人になっていると言って断るのも、有効な手段です。既に別の人の連帯保証人となっているが、その相手が借金を完済できるか怪しいため、今から新しく連帯保証人になることができる状況ではない、と言って断りましょう。

それでも引き下がらない相手はあなたのことを全く考えていないといっても過言ではないため、縁が切れたとしても絶対に断るようにしましょう。

借金の連帯保証人の責任は重い

これらのように、借金の連帯保証人の責任はとてつもなく重いものであります。保証人という名前ではありますが、実際の責任は自分が借金をした場合と同じ責任になります。

連帯保証人は審査に通った結果結ばれる契約なので、返済能力が保証されています。そのうえ催告の抗弁権を持たないので、借金の取り立てが債務者より先に連帯保証人側に来ることも少なくありません。借金の責任を共に負うどころか、その責任を肩代わりするようなものです。連帯保証人になることにメリットは存在しないので、頼まれた時は安易に引き受けないようにしましょう。

▼メリットは何一つなし!借金の連帯保証人になるリスクを解説!▼
借金メリットは何一つなし!借金の連帯保証人になるリスクを解説!