借金をした本人が死亡した場合、連帯保証人に返済義務はあるの?

借金をした本人が死亡してしまった場合、借金は返済しなくて良くなるのでしょうか?亡くなった人は借金をそれ以上返済することはできませんよね。

借金が消滅してくれたら嬉しいのですが、残念ながら残った借金は消えることはなく、そのまま残ってしまうのです。

では、その残った借金を返済しなければならないのは誰になるのでしょう。この記事で、一緒に見ていきましょう。

借主本人が死亡しても借金は消えない

借主本人が借金を残したまま亡くなった場合でも、借金は消えません。では、残った借金は誰が払うことになるのでしょうか。

その残った借金は、借主本人と同じように借金を返済する責任がある連帯保証人が支払うことになります。仮に本人が死亡した場合でも返済義務があるため、借金を代わりに支払わなければならないのです。もし連帯保証人が借金の支払いが不可能な場合には、連帯保証人が自己破産などの手続きをする必要があります。

連帯保証人は、相続放棄などの方法によって借金の支払い義務から逃れることはできません。借金を全額返済するか、もしくは自己破産などの債務整理手続きを行うか、という選択肢しかないのです。仮に借主本人が死亡した場合、連帯保証人は重い責任を背負うことになるでしょう。

連帯保証人の義務とは

連帯保証人には、借主と同じ責任を負わされる立場にあります。そのため、借主が借金を返済しなかった場合には、代わりに借金を返済しなければなりません。

これは義務であるため、借主が死亡した場合でも逃れることはできないのです。さらに借金の返済義務には、利息や違約金、損害賠償金も含まれています。債権者がそれらの返済を求めてきた場合、全てを連帯保証人が肩代わりして支払わなければなりません。もし借主が財産を持っていたとしても、債権者が連帯保証人に返済を求めてきた場合には、借主の財産を差し押さえて借金を返済することは不可能です。

借金を返済できない場合、連帯保証人の財産が差し押さえられる可能性もあります。そうなってしまっては、自分の人生に大きな影響が出ることも避けられません。連帯保証人になるということは、借主と同じ責任を背負うことです。その責任はとても重いため、連帯保証人になることは高いリスクが伴うことも覚えておきましょう。

借金をした本人の法定相続人だった場合

法定相続人とは、民法で定められた相続人(相続によって財産を譲り受ける人)のことを指します。「財産を譲り受けることができる」と聞けば資産などプラスの財産を想像しがちですが、実は借金といったマイナスの財産も引き継ぐことにもなるのです。もし借金をした本人が亡くなった場合は、配偶者や血族相続人といった法定相続人が借金の返済義務を負います。

例えば100万円の借金をしている夫が亡くなり、法定相続人が妻一人、子二人だったとしましょう。その場合妻の法定相続分は2分の1なので50万円、子の法定相続分は4分の1ずつなので25万円を返済する義務が生じます。ですが自分の分だけ支払うことができれば、あとは責任を負いません。1人で借金の全額を支払わなければならないという訳ではないので、精神的な負担はいくらか軽くなるでしょう。ただ、借金を返済しなければならないという点は変わらないので注意が必要です。

一方で、本人が死亡してから借金の存在に気付いたというケースもあるようです。本人が亡くなった後に借金のトラブルで困ることがないよう、借金がある場合は隠さず、家族内でも話し合っておくことが大切でしょう。

連帯保証人ではないが相続内容に借金があった場合

連帯保証人ではなかったとしても相続内容に借金があった場合は、法定相続人がその支払い義務を引き継ぎます。そのため、借金をした本人が亡くなってしまった場合は、債権者から借金の返済を求められることになるでしょう。

一方で、借金の相続を避けるために「相続放棄をする」という方法もあります。それは、亡くなった本人の財産を全て放棄し相続しないというものです。借金を相続しなくて済みますが、同時にプラスの財産も放棄してしまうというデメリットが生じます。また、申請できる期間が限られているので注意が必要です。そういったデメリットも考慮した上で、最善の策を考えることが大切でしょう。

連帯保証契約による借金の返済が難しい場合

連帯保証人をやめるためには債権者の合意を得て保証契約を解除する必要がありますが、合意を得られる可能性は低いといえます。まして借主が死亡した場合だと、合意はほぼ得られないと考えてもよいでしょう。

他にも解除できるケースは存在しますが、原則として債務がなくなるまでは連帯保証契約を解除することはできません。連帯保証契約を解除できず借金の返済も難しい場合は、自己破産や任意整理などが必要となります。連帯保証契約を結ぶということは、同時にかなり重い責任を背負うことにもなるのです。

借主本人が死亡したら冷静な対応を心がけよう

借金をした本人が死亡した場合でも、連帯保証人に返済義務は生じます。突然の出来事で頭が真っ白になるかもしれませんが、まずは落ち着くことが大切です。

焦っても借金は無くなりませんし、事態が悪化することも考えられます。万が一借主本人が死亡してしまった時こそ、冷静な対応を心がけるようにしましょう。