メリットは何一つなし!借金の連帯保証人になるリスクを解説!

借金

「借金の連帯保証人を頼まれて悩んでいる」という方、その誘いはすぐに断りましょう。なぜなら借金の連帯保証人を引き受けたところで、メリットが何一つないからです。それどころか、最悪の場合あなたが借金を背負うことになってしまう可能性もあります。軽い気持ちで引き受けてしまうと、後に地獄を見ることにもなりかねません。それほど借金の連帯保証人になることはリスクを伴う行為なのです。

この記事では、借金の連帯保証人になることのリスクについて解説していきます。

 

借金の連帯保証人を依頼されたらまず考えてほしいこと

借金の連帯保証人を依頼された時、まずはそのリスクの大きさを考える必要があります。

連帯保証人の場合は借金をしている本人と全く同じ義務が生じるため、借主が返済をしなかった場合は連帯保証人がお金を返済しなければなりません。しかも保証人よりもかなり重い責任が課せられているため、安易に引き受けるのは非常に危険です。もしリスクを知らずに連帯保証人を引き受けてしまった場合、借金トラブルに巻き込まれてしまったり、借金をそのまま代わりに背負うことになったりということも考えられます。

借金の連帯保証人とは

お金を借りた本人(主債務者)が借金を返済できなくなった時、代わりに支払い義務を負うのが借金の連帯保証人です。

いわゆる借金の肩代わり役であり、返済額によっては今後の人生に大きな影響を与えることにもなりかねません。また、主債務者が借金を返済できるかどうかに関わらず、連帯保証人に請求がくる恐れもあります。たとえ親しい友人や家族に保証人を依頼されたとしても、断る勇気を持ちましょう。

連帯保証人

連帯保証人には、お金を借りた人と同じ責任が生じます。しかも借金をした主債務者の方が責任が重いということはなく、同等の責任を負わされることになるのです。つまり、連帯保証人になるということは、自分が借金をしている時と同じ状態を意味しています。もしお金を貸している人(債権者)が借金の返済を連帯保証人に求めてきた場合には、直ちに全ての借金を返済する責任があるのです。

連帯保証人の場合は債権者に請求をされても逃げることができず、借金を全額背負わされるリスクがあることを覚えておきましょう。

保証人

債務者が返済や支払いができなくなった時に、代わりに返済や支払いの義務を負うのが保証人です。しかし、債務者とまったく同じ義務が生じるという訳ではなく、返済ができなくなった場合など条件がそろった時だけ肩代わりする義務が発生します。先ほどの連帯保証人とは異なり、債権者が保証人に対して借金の返済を求めてきた場合には、まず債務者への請求を求めることが可能です。一方で連帯保証人の場合はそれができず、直ぐに返済しなければなりません。

請求などを拒否できるという点は、連帯保証人の場合と大きく異なる点といえるでしょう。

連帯保証人にも契約の種類がある

連帯保証人にも契約の種類があります。それは「通常の連帯保証契約」と「根保証契約」の2種類です。契約を確認する時、契約種類が「根保証契約」になっていた時は注意が必要です。その場合、返済義務を負う金額がもとの借金の額より多額になる恐れがあります。

連帯保証人を依頼されて仮に100万円の借金を肩代わりしていても、債務者が追加でお金を借りていて500万円にまで借金が膨らんでいた…というケースもあり得るのです。そういった場合でも、借金を支払わなければならないのは連帯保証人です。もし連帯保証人を依頼された場合は、必ず契約内容は確認するようにしましょう。

連帯保証人のリスク

無職

連帯保証人を仮に引き受けてしまった場合、リスクが生じることは肝に銘じておきましょう。安易に引き受けてしまうと、その後の自分の人生に大きな影響を与えることにもなりかねません。

では、連帯保証人には一体どんなリスクがあるのでしょうか。ここでは連帯保証人になった時に起こり得るリスクを具体的にご紹介します。

債権者から返済請求があっても拒否できない

債権者から「債務者の代わりに借金を返済してください」と請求された時、連帯保証人はこれを拒否することができません。そのため、連帯保証人が借金を全額支払わなければならないのです。また債務者へ請求を求める権利もないため、債権者から請求された時は素直に従うしかありません。

もし債務者に支払い能力があったとしても、債権者から請求された場合、借金の返済義務は連帯保証人にあります。

債務者に財産があっても差し押さえができない

債務者に車や家などの財産があったとしても、それらを差し押さえることはできません。保証人の場合「債務者には財産があるので、財産を差し押さえてください」と主張することが可能ですが、連帯保証人の場合はその主張ができないのです。

仮に債権者から借金の返済を請求された時、たとえ債務者に財産があったとしても、その財産で返済することは不可能です。しかも債務者の代わりに、連帯保証人の財産が差し押さえられることも考えられます。

1人で借金の全額を返済しなくてはならない

保証人が複数いる場合、全員が分割して借金を債権者に返済することが可能です。さらに債務者が誰か1人にだけ全額請求をすることができないため、1人当たりの負担額も少なくなります。

一方で連帯保証人の場合は、全額を1人で返済しなければなりません。また、誰かと分割で支払うといったことができないため、返済額や負担もかなり大きくなります。

このように連帯保証人になることは非常にリスクが高く、もし依頼されたとしても慎重に考える必要があります。

連帯保証人は債務者と同等の立場

債務者の方が連帯保証人よりも責任が重いと思っているようであれば、それは大きな間違いです。連帯保証人になった時点で、債務者と同等の立場となります。つまり責任の重さも同じであり、借金の返済義務を同様に背負うことになります。

どれほど親しい友人や家族に連帯保証人を依頼されたとしても、安易に引き受けるべきではありません。相手への信頼度や金額だけで「連帯保証人になるかどうか」を決めるべきではないのです。これは自分の今後の人生にも関わることなので、慎重に考える必要があるでしょう。

自己破産の原因の2割が保証債務

税金滞納

連帯保証人になってしまい、返済ができずに自己破産してしまう人も中にはいます。そういった「保証債務」で自己破産するケースは約2割にも及ぶのです。

自己破産をしてしまった場合、新規でクレジットカードを作成できなくなる、ローンを組めなくなるといったデメリットが生じてきます。また、自分の財産を手放さなければならない状態になってしまうことも考えられます。そうなってしまっては、自分の人生も変わらざるをえないでしょう。だからこそ、連帯保証人を依頼された時は安易に引き受けてはならないのです。

借金の連帯保証人になるメリットはあるのか

連帯保証人になるメリットは何一つとしてありません。引き受けてくれたことに対して感謝はされるかもしれませんが、その対価があまりにも大きすぎます。また引き受けることは相当なリスクを背負うことになりますし、自分の人生に大きな影響を与えかねません。

もし連帯保証人を依頼されて悩んでいるようであれば、よく調べ、落ち着いて考えることが必要です。「断り切れなかったから」という理由で引き受けるものでは決してないのです。

借金の連帯保証人になることは、自分にメリットが全くない行為であることを覚えておきましょう。

借金の連帯保証人を依頼されてもリスクを負うだけ

借金の連帯保証人を依頼されて悩んでいるようであれば、キッパリと断るべきです。もし連帯保証人になってしまったら、簡単に契約を解除することはできません。多額の借金を背負わされ、財産などを失うリスクさえあります。そういったことを踏まえた上で、連帯保証人を引き受ける自信があなたにはありますか?

「親しい人に頼まれたら断りにくい」という方も中にはいるとは思いますが、自分の人生が破綻するリスクもあるということを忘れないようにしましょう。