楽天カードの限度額、上限は300万円って本当?どうやったらそこまで上がる?

楽天カードアカデミー

お手持ちの楽天カード、そのカードの限度額がいくらかご存知でしょうか。限度額を超えて買い物などをすることは決してできないため、自分のカードの限度額を把握しておくことは非常に大切です。

楽天カードの場合、なんと300万円まで限度額を上げることができるのです。この記事では楽天カードの利用限度額の上げ方について解説していきます。

楽天カードのショッピング枠とキャッシング枠の限度額は合計300万円が上限

年会費無料、利用者も多いことで知られている楽天カード。実はショッピング枠とキャッシング枠、合わせて300万円まで利用することが可能です。しかし、カードを作った当初から上限が300万円に定められている訳ではありません。300万円まで増枠したい場合は、ある条件を満たす必要があります。

その条件とはどういったものなのでしょうか。詳しくみていきましょう。

楽天カードでは信用情報次第で、限度額を300万円まであげることができる

楽天カードの限度額を上げたいと思っていても、社会的な信用力が低いようであれば限度額を上げることは難しいといえます。

例えば個人信用情報を確認した時、支払いの延滞や借金の返済が遅れているなどの情報があったとしましょう。そのような人に、積極的にお金を貸したいと思うでしょうか。貸倒されてしまうリスクもあるため、お金を貸したいとは思わないはずです。

一方で楽天カードをよく利用する人や個人信用情報が良好な人は、楽天カード側が増枠に応じてくれる可能性も高いといえるでしょう。

楽天カードの限度額は一時的にでも300万円まで上げられる可能性がある

例えば大きな買い物をしたい時など、多額のお金が必要となる場合もあります。そのような時に便利なのが、限度額の一時引き上げです。限度額が上がる期間は2ヶ月となっており、楽天e-NAVIから申し込むことができます。

しかし限度額の一時引き上げは限度額の最大2倍まで、最大300万円までと決められているので注意が必要です。限度額が100万円の人は最大200万円まで、限度額が200万円の人は最大300万円まで引き上げることができます。

楽天カードの初期限度額は5万円から100万円の範囲内お金

楽天カードの初期限度額は自分で決めることができず、楽天カード側が限度額を決定します。その限度額を決める際には、職業や勤務年数、年収、他のカードの借り入れや返済の状況などが考慮されます。

限度額が5〜100万円と幅があるのはそのためです。初期限度額は最大でも100万円であるため、始めから300万円の限度額を設定することはできません。

楽天カードの限度額を300万円まで上げる方法は?

では、楽天カードで限度額を300万円まで上げるにはどうしたら良いのでしょうか。その具体的な方法をご紹介します。

楽天カードのe-naviで限度額の増枠申請を出す

限度額を増枠したい時、パソコンやスマートフォンから楽天e-NAVIにアクセスし、限度額の増枠申請を出すという方法があります。手軽に行えるというメリットがありますが、楽天e-NAVIで限度額を増枠する時は100万円までしか増枠することができません。

楽天カードのコンタクトセンターに電話して増枠の審査をしてもらう

300万円まで限度額を増枠したい時は、コンタクトセンターに電話して交渉をすることがおすすめです。希望する額をオペレーターに伝えるだけで、増枠申請の申込みをすることができます。その後無事に審査を通過することができれば、300万円の限度額を利用することができます。

楽天カードの限度額を上げられない場合はどんなとき?

連帯保証人になってはいけない

どんなに楽天カードの限度額を増枠したいと思っていても、限度額を上げられないケースもあります。その主な原因としては、以下の2点が考えられます。

本人の収入が無い場合は楽天カードの限度額は上げられない

収入がない場合、きちんと返済ができる人だと証明することが難しくなります。安定した返済ができるかどうかカード会社から疑問視されてしまうため、限度額を上げることは非常に困難です。

楽天カードに入会後6か月以内の場合も楽天カードの限度額は上げられない

カードを作成してからの期間が6ヶ月以内と短い場合、利用実績が少ないためカード会社側も警戒してしまいます。もし限度額を上げたいのであれば、最低6ヶ月は楽天カードを利用して実績を積むようにしましょう。

楽天カードの限度額は最大300万円まで上げられるが、信用情報の積み重ねが大切

カード会社側は、あなたがきちんと返済してくれる人かどうかを見極める必要があります。その際に重要となってくるのが信用情報です。信用情報を積み重ねることは、楽天カードで限度額を上げる際には有利に働くといえるでしょう。