楽天カードは何歳から持てる?申し込みができる年齢は何歳なのかを徹底調査!

楽天カード 何歳から

今や、日本で一番持っている人がいると言われている楽天カード。

楽天カードは審査のハードルも高くなく、信用情報の無い人でも作れることからまずはこのカードで信用情報を積み上げることを勧める人もいます。

ではこの楽天カードは、一体何歳から何歳までの人が作ることが出来るのでしょうか。

  • 18歳から楽天カードに申し込みできる
  • 学生はキャッシング枠を申し込まない方が無難!
  • 未成年は親権者の同意が必須!

この記事では、楽天カードの年齢制限について、詳しく解説していきたいと思います。

楽天カード お得な使い方楽天カードのお得な使い方8選!【楽天スーパーポイントの効率の良い貯め方】

楽天カードは高校を卒業した18歳以上からなら申し込みが可能!

高校卒業 18歳以上 楽天カード

未成年が楽天カードを申し込む場合、高校生を除く18歳以上の人であればカードを作ることは可能です。

18歳未満の人は残念ながら、楽天カードに限らずクレジットカードの発行は原則できないことになっています。家庭の事情などで中学校卒業後に一生懸命働いている人もいらっしゃるかもしれませんが、指定の年齢になるまでの発行は難しいでしょう。

未成年が楽天カードを申し込むには親権者の同意が必要!

前述の通り未成年でも18歳以上の人であれば楽天カードを作ることは可能ですが、未成年の場合は親権者の同意が必ず必要になります。

どんなに安定した職業に就いていて年収が高い人の場合でも、未成年ならば親権者の同意は必須なので注意が必要です。

ですが親権者の同意が必要であっても、未成年でもカードを持つことが出来る可能性があるのは楽天カードならではの魅力ですね。

20歳以上で安定した収入がある場合はスムーズに審査が可能!

20歳以上でなおかつ安定した収入を得ている人は、楽天カードの発行申し込みをするとスムーズに作れるのではないでしょうか。もちろんこの場合は成人ですから、未成年の場合求められる親権者の同意も必要ありません。

また楽天カードは審査のハードルは他のクレジットカード会社に比べ低いので、パートやアルバイト、派遣社員や契約社員などの不安定な職業の人でも、初めてクレジットカードを作るという人であれば余程のことが無い限り審査に落とされることはないでしょう。

楽天カードは学生でも審査に通る?審査落ちしてしまう原因とおすすめ他カードも紹介!

学生や主婦でも申し込みが可能!

一般的にカード会社は収入の有無や額で返済能力の高さを評価するため、安定した収入のない学生や主婦の場合は申し込んでも審査落ちしてしまうケースが散見されます。ですが楽天カードなら、学生や主婦でも申し込みOK。

公式サイトに「主婦・パート・アルバイトの方でも楽天カードに申し込める」と記載されていて、審査も問題ありません。申し込むフォームの職業欄には、「お勤めされていない方」という選択項目もあるため、他のカード会社では取得が難しい家事手伝いの人にもおすすめです。

楽天カード学生が楽天カードを申請する時の「本人年収」はゼロでも大丈夫なの?

楽天カードでキャッシングができる年齢は何歳?

キャッシング 何歳

楽天カードは高校生を除き、18歳以上からが申込みの基準ですが、キャッシング枠には年齢条件があるのでしょうか?
楽天カードのキャッシング枠の年齢条件や、学生をはじめとする若い年齢の人がキャッシング枠を申請する際の考え方を解説していきましょう。

キャッシング枠がもらえる年齢

学生向けの楽天カードアカデミーはショッピングや公共料金の支払いに使うクレジット機能だけですが、楽天カードは現金が足りないときにATMなどを使ってお金を引き出す、キャッシング機能が付加できます。

基本的に利用者の申し込みによる機能ですが、楽天カードはキャッシング利用に年齢制限を設けていません。

ただしキャッシング枠がもらえるのは、安定した収入があって、確実に返済ができる人に限られます。楽天カードなら18歳からキャッシングを利用できる可能性がありますが、安易な利用は厳禁です。

学生はキャッシング枠を無しにするのが無難

一定の収入があれば学生でも楽天カードでキャッシング枠をもらうことは可能ですが、確実にカードを取得したい場合は、申込時にキャッシング枠をつけない方が無難です。というのも、キャッシング枠不可の有無は、少なからずカード審査に影響を与えるからです。

収入が少ない学生の場合、キャッシング枠をつけることで審査がより厳しくなり、審査に通らなくなるリスクがあります。キャッシング機能は後から付加できますから、キャッシング枠をつけずに申し込むことをおすすめします。

キャッシングは何万円に設定するべき?

学生が楽天カードを取得した後にキャッシング枠を申し込むなら、どれぐらいの設定にすればいいのでしょうか?クレジットカードのキャッシング枠は、利用する人の収入やクレヒスにあわせて上限が決められます。収入が少ない学生の場合はかなり制限されて当然ですが、申し込みも最低限にしておくのが無難。
若い人は金銭感覚がしっかりしていないため、安易なキャッシング利用は身のためになりません。自分が返済できる範囲に制限した方が、多重債務に陥るのを防ぐ意味でも安心です。

増額の上限 楽天カード楽天カードでの学生の限度額はいくら?一時的な増額の上限はいくら?

楽天カードを利用している主な年齢層

年齢層 楽天カード

楽天カードは大手通販サイト、楽天が発行するクレジットカード。非常に使いやすいと人気がありますが、実際にはどんな人が利用しているのでしょうか?

楽天カードを利用する主な年齢層や、年代ごとのおすすめカードについてもご紹介していきましょう。

【学生や仕事をしていない主婦】学生や主婦も審査に受かりやすい!

楽天カードは幅広い年齢層が取得していますが、年齢や収入による制限が比較的緩いため、特に他のクレジットカード会社では審査通過が難しい、学生や主婦に人気があります。楽天が公表しているデーターによると、一番保有率が高いのは40~50代の年齢層。そのほか20歳代や、20歳未満の若い年代で取得している人も多いです。

楽天ニューズによると、2018年1月時点で楽天カードを保有している人は、全国になんと1,500万人以上。日本人の10人に1人は利用しているという計算になるため、その人気のほどが分かります。

【30代〜40代の中堅層】楽天ゴールドカードも人気!

いま私たちが使えるクレジットカードには様々な種類がありますが、必要があって取得したものの、使い勝手が悪くて、すぐに手放してしまうカードは多いもの。その中でも楽天カードは保有率が長く、20代の学生の頃に取得し、そのまま30代以降も使い続ける人が増えています。

そのまま楽天カードを使い続けても問題ありませんが、30代~40代の中堅層になったら、上位クラスの「楽天ゴールドカード」にクラスアップするのも選択肢の一つ。空港ラウンジの利用や楽天市場でのポイントアップなど、年齢にふさわしい特典が満載です。

楽天カードの審査が難しくなる場合

審査が難しくなる要素

楽天カードは年齢や職業にとらわれずに取得でき、幅広い年齢で利用者が多いのが特徴ですが、中にはカード取得が難しくなるケースも散見されます。

楽天カードの取得が難しくなる対象者や条件、その理由についても理解しておきましょう。

一定の年齢まで信用情報の履歴が無い場合

楽天カードに限らず、初めてクレジットカードを作る年齢が上がれば上がるほど、クレジットカードを作ることは難しくなる傾向にあると言われています。特に、36歳以上になってから初めてクレジットカードを作るという人の審査はかなり厳しいようです。

信用情報は個人信用情報機関といういくつかの組織で管理されており、情報の管理期間は7年前後といわれています。初めてクレジットカードを作る人で、なおかつローンを組んだ経験も無い人はその信用情報がそもそも存在しません。

そのような人はスーパーホワイトとも言われますが、36歳でスーパーホワイトであれば審査する側からすると20代中盤で自己破産したのでは?と推測も出てきてしまいます。

ですので、例えクレジットカードを作るのが初めてでもそのような理由で疑われてしまい、結果として審査に落とされてしまうこともあるようです。

収入が安定しない高齢者の場合

楽天カードの発行は対象者が高齢になればなるほど難しく、原則20歳~65歳となっているのが現状です。ただし実際には、70歳でも年金など安定した収入があれば新規にクレジットカードを発行できる人もいます。

しかし、高齢の方は若い方よりその年齢の分だけ死亡リスクが高いことから、審査の際には貸し倒れのリスクが高いと判断されます。そのため、定年退職を迎えた60歳以上の人は楽天カードの発行は比較的難しいと言えるでしょう。

学生におすすめな楽天カードは「楽天カードアカデミー」!

楽天カードアカデミー

大学生や専門学生といった学生には、楽天カードアカデミーと呼ばれる学生を対象としたクレジットカードが存在します。このカードはアカデミーの名称を冠する様に学生のためのクレジットカードなので、通常の楽天カードよりも審査に通る可能性が高いと言われています。

学生で審査に通らない可能性を気にするのであれば、通常の楽天カードではなく学生カードアカデミーに申し込むのも手ではないでしょうか。

楽天アカデミーと楽天カードの違い

楽天カード 楽天カードアカデミー

2つカードの違いを一口に言えば、楽天カードは社会人向け、楽天カードアカデミーは学生向け。どちらも申し込み条件の年齢18歳以上で、高校生不可は同じでも、楽天カードアカデミーは上限28歳まで。大学生や院生のみといった利用条件があります。

楽天カードアカデミーは、収入の低い学生に特化したクレジットカード。国際ブランドもJCBかVISAしか選べず、利用上限は30万円まで。

家族カードやキャッシング機能がないなどの制限はあるものの、楽天ブックスや楽天トラベルのポイント付加率が高いなど、学生ならではのメリットが満載です。

カード学生は卒業したら楽天カードの更新が必要?必要な場合と注意点を解説!

高校生で年齢制限のために楽天カードが持てない場合の対処法

楽天カード持てない 対処法

高校生は楽天カードが取得できませんが、海外留学やホームステイのためにクレジットカードを持ちたいと考える人は多いでしょう。その場合は家族が所有しているカードの、家族カードの申し込み条件を確認してください。

留学やホームステイをする場合に限るといった条件付きで、高校生でも家族カードが作れる会社もあります。

その他にも、デビットカードという選択肢もあります。デビットカードは決済すると同時に、銀行口座から代金の引き落としされるカードのこと。日本の銀行の口座に入金すれば、海外で使えるため安心です。

【まとめ】高校を卒業済みの18歳以上からなら楽天カードを申し込む資格がある

楽天カードは、比較的審査に通りやすいので初めてクレジットカードを持つにはピッタリなカードです。

未成年の場合は親権者の同意が必要ですが、高校生以外の18歳以上の人なら審査に通れば楽天カードを持つことができます。楽天カードに限らず、クレジットカード自体が対象者の年齢が上がれば上がるほど審査が厳しくなると言われていますので、作るのであれば早めに申し込んでしまいましょう。

学生専用の楽天カードアカデミーというカードもあるので、審査に不安がある学生の方はそちらも検討するようにしましょう。