キャッシング審査のとき年収について嘘を言ってしまった!これってバレる?

手続き

キャッシング審査のときに書くべき項目で重要なのが、年収ですよね。
少し年収にサバを読んで借りやすくしてしまったり、本当の年収を書いて審査に落ちたらどうしようと考える人もいるのではないでしょうか。

どうしてもお金を借りたくて、思わず年収について嘘を申告してしまった…という人もいるかもしれません。

そこで今回は、キャッシング審査での年収の嘘の申告と、嘘がバレてしまったらどうなるのかについて、詳しく紹介していきます。

キャッシング業者もその道のプロ、嘘の年収はバレやすい

キャッシング審査で年収について嘘を言っても、バレないと思っている人が多いかもしれません。年収は証拠がなければ、キャッシング業者でも自分の年収を確かめることはできないと思っていませんか。

でも、それは大きな間違いです。
キャッシング業者は、その道のプロなので嘘の年収を言ったところですぐにバレてしまいます。

会社名を記載すればおおよその給与がわかってしまいます。同じ会社の従業員がその業者のキャッシング審査を受けていた場合、会社・年齢・勤続年数・職位からいくら位の給与なのかが分かってしまうためです。
同じ会社でなくても、同業他社の情報があればあなたの給与のアタリをつけることができてしまいます。

業者もお金を貸す以上、返済能力の根拠となる年収については細かくチェックを行っているのです。

そのため、ちょっとぐらいの嘘ならバレないだろう…という考えは捨てたほうがいいでしょう。

キャッシング審査のとき嘘の年収を申告すると、バレたときのデメリットも大きい

危険

キャッシング審査で嘘の年収を申告してしまった経験を持つ人は、意外と多いのではないでしょうか。

どうしてもお金を借りたいときには、嘘をついてでも借入したいと思ってしまうものですよね。
ただ、前述したとおり、キャッシング業者への年収の嘘の申告はバレやすいです。嘘がバレてしまったときのデメリットも大きいので注意が必要です。

安易についてしまった年収の嘘が、あなたの今後の生活を苦しめることになるかもしれません。

キャッシング審査のとき嘘の年収を申告すると、バレたときどうなる?

では、実際にキャッシング審査で嘘の年収を申告してバレたら、どうなるのでしょうか。
具体的に見てみましょう。

嘘の年収で審査に落ちると信用情報に傷がつく

キャッシング審査の際の年収の項目は、どのくらいの返済能力があるのかを計る大切なものです。
そこで嘘をつく人は、返済能力以上のお金を借りようとしているとも取れますね。

そもそも借入は年収の3分の1までという決まりがあります。年収を多く申告すると、この決まりに抵触してしまう可能性があります。年収を多く申告することで、本来可能な借入可能額より多額の借入を行おうとしているとみられてしまいます。

嘘の年収でキャッシング審査に落ちれば、個人に対する信用が失われてしまいます。キャッシング審査に落ちたという記録は業者のデータベースに残るため、同じデータベースを使用する審査に通りにくくなってしまいます。

嘘の年収を申告したキャッシング業者からは二度と借りられなくなる

キャッシング審査の段階であったとしても、年収について虚偽の申告をしたことに変りはありません。虚偽申告を行なったことが業者のデータベースに記録されていると、再度申請しても同じキャッシング業者の審査は降りづらくなるでしょう。

キャッシング契約をしたあとに年収の嘘がバレるとどうなる?

借金 滞納

キャッシング審査の嘘の年収がバレずに、契約ができたとしましょう。しかし契約後に嘘が発覚することもあります。このようなケースではどうなってしまうのでしょうか。

キャッシングの解約

キャッシング審査時に嘘の年収で審査に通った場合、それはもちろん事実ではないことなので、契約自体が無効になる可能性があります。キャッシング業者にはその契約が無効だとする権利があり、一方的に解約させることができるわけです。

キャッシングしているお金の一括請求

解約となると、借りていた金額の一括返済を求められます。本来であれば徐々に返済できる額であっても、キャッシングしている額の一括請求を求められることがあります。

少額であれば問題ないかもしれませんが、大きな額を借り入れている場合返済不能におちいる可能性があります。

最悪の場合罪に問われ裁判になる

キャッシング契約後に年収の嘘がバレたら、解約や一括請求を行われる可能性が存在します。それだけでなく、さらに恐ろしいことが起こる可能性もあります。

最悪の場合は、虚偽の申告をしたことを罪に問われて裁判になってしまう可能性があるのです。年収の嘘をついただけだと考えがちですが、結果的には嘘でお金を騙し取ろうとした罪になってしまいます。

キャッシング審査のとき、年収の嘘は悪意無くやりがち?

キャッシング審査で、最悪の場合訴えられることもあるため、年収について嘘をつくべきではありません。しかし年収についての嘘は悪意なく誰でもついてしまうものであるのも事実です。

給料明細の提出が必要でない場合は、調査することができないだろうと、年収を少し多めに書いてしまう人が多いようです。少しでも年収が多い方が、キャッシング審査に通りやすいという認識があるのでしょう。

キャッシング申し込みは年収で嘘をつかず正直に!

キャッシングの申請で年収について嘘を言ってしまったり、バレたときはどうなるのかについて紹介しました。

つい嘘をついて上乗せして申告してしまいたくなる年収ですが、嘘の申告をしてもいいことはありません。むしろ、バレてしまった場合のデメリットの方が大きいです。

キャッシング申し込みは年収で嘘をつかずに、正直に申告するようにしましょう。