キャッシング審査で勤続年数について嘘を言っても良い?バレたらどうなる?

?

キャッシングを利用するからには、どうしても審査に通りたいと思いますよね。ただ勤続年数が短い場合、嘘だけどちょっと長めに働いていることにして書いてしまおうという気持ちが芽生えるかもしれません。とは言え、キャッシング業者に嘘を言ってしまうことは問題はないのでしょうか。
今回の記事では、キャッシング審査で勤続年数について嘘を言うことやバレたらどうなるのかについて、解説します。

キャッシング審査のとき勤続年数に関して嘘を言っても、バレる可能性が高い

連帯保証人

キャッシング審査には、色々記載する項目がありますが、その中で勤続年数ぐらいなら嘘を言っても大丈夫と思っていませんか。しかし多くのキャッシング業者では、勤続年数について嘘を言ってもすぐにバレてしまいます。それは、キャッシング業者には、独自で勤続年数を確認できる方法があるからです。

なぜ、勤続年数の嘘がバレてしまうのか、詳しく見ていきましょう。

キャッシング審査において信用情報確認の時に勤続年数の嘘がバレる

借金 滞納

キャッシング審査の際には、キャッシング会社は必ず信用情報機関で、お金の融資が可能かどうか個人の信用情報の確認を行います。その個人信用情報には、他社の借入の有無はもちろん、勤務先名や名前も記載されているのです。

カードローンやクレジットカードで分割払いやリボ払いを行ったとき、情報はすべて信用情報機関に記載されます。そのため、キャッシング申請で嘘をついても、勤続年数の嘘はすぐにバレてしまう可能性が高いです。

キャッシング審査において本人確認書類で勤続年数の嘘がバレる

キャッシング審査において、信用情報機関以外にも勤続年数の嘘がバレる可能性があります。それは、本人確認書類です。

キャッシング審査では必ず本人確認書類の提示が求められますが、写真掲載のない健康保険証を本人確認書類に使う人も多いでしょう。しかし健康保険証には資格取得日という項目があり、そこには健康保険に加入した日が記載されているのです。つまり、会社の保険証であれば、ほぼ入社した日であることがわかるので、勤続年数の嘘がバレることになります。

勤続年数が短くてもキャッシング審査に通るのか

キャッシング審査に通りたいために、勤続年数を偽って嘘をついてしまいたくなる気持ちはわかりますが、見てきたようにすぐにバレてしまいます。そこで気になってくるのは、勤続年数が短くてもキャッシング審査に通るのかどうかということですよね。

そもそも、キャッシング審査に通るためには「安定した収入」というものがあります。安定した収入というのは、明確にはされていませんが、3ヶ月以上安定して勤続していることでしょう。キャッシング会社によって基準は異なるものの、勤続年数が6か月以上あれば、ほぼ問題なしとされます。ただ勤続年数が3ヶ月以上の場合も、確認書類として給料明細を3ヶ月分提出できるので審査に通る可能性が高くなります。

勤務先の大小や勤続年数だけでキャッシング審査の結果は決まらない

キャッシング申請で勤続年数を記入する項目があり、実際に勤続年数によってはキャッシング審査に落ちる場合もあります。とは言え、嘘を言うほど勤続年数がキャッシング審査に重要なわけではありません。

なぜなら、勤務先の大小や勤続年数だけでキャッシング審査の結果が決まるわけではないからです。例え勤続年数が長く大きな会社で働いていても、過去に長期延滞があったり自己破産などをしていればキャッシング審査に通らないこともあります。逆に言えば勤続年数が短くても、ローンを延滞したりした過去がなければ審査に通る可能性は高いのです。

そのため、キャッシング審査で勤続年数についてあえて嘘を言う必要はありません。

キャッシング審査は勤続年数で嘘を言うより誠実な態度の方がよほど重要!

キャッシング審査で勤続年数の嘘の申請について、解説しました。例えキャッシング審査で勤続年数について嘘を言ったとしても、色々な場面でバレてしまう可能性が高いです。嘘がバレてしまうと、キャッシング会社にも信用性のない人とみなされ、良い印象を与えません。

キャッシング審査では勤続年数で嘘を言うよりも、勤続年数が短くても誠実に対応する方が審査に通る確率を上げられるのではないでしょうか。