キャッシングの金利に法律が制定されているのを知ってる?知って得する金利の知識!

キャッシングの金利はよく広告で〇〇%~〇〇%という表示されているものです

あのパーセンテージは、法律である程度決まっているのです。内容まで詳しくご存じの方は少ないのではないでしょうか。

今回は、キャッシングにおける金利について、詳しく解説していきます。

キャッシングの金利には法律が定められている

キャッシングで借入するときに、金利に基づいた利息を支払わなければなりませんが、貸付に対する上限金利は法律で決まっています。

出資法に違反した貸付を行った場合は刑事罰を受け、利息制限法に違反しても刑事罰はないですが、取りすぎた分は無効となります。

今では、利息制限法も出資法も上限金利は同じですが、昔は出資法の上限金利が高く、いわゆるグレーゾーン金利が発生したことで、その後の過払い金請求につながっています。

キャッシングの金利は「利息制限法」で決まる

車のローン

銀行や消費者金融からの借り入れでも、個人間の借金でも利息制限法の上限金利が適用されます。

利息制限法の上限金利は、貸付金額によって変わりますが、最大でも年20%までの金利となります。

10万円未満であれば年20%、10万円~100万円未満であれば年18%、100万円以上であれば年15%までと利息制限法により金額による上限金利が定められています。

闇金とのボーダーラインは金利でわかる

出資法では、金額に関係なく金利は年20%と定められております。

そのため、いわゆるヤミ金融と呼ばれる違法業者とのボーダーラインは金利で差別化できます。

出資法の上限金利を超える金利を請求すると刑事罰の対象となり、最悪その業者は金融界から追放される可能性もあります。

このように、悪質な業者を見極めるには、まずは金利で判断できますね。

過払金を請求する条件

経済関係

過払い金の対象となるには、以下の条件が必要になります。

2010年の改正貸金業法以前に借入を行っていた。

利息制限法で定められた上限以上の金利で借入を行っていた。

上記に該当する借金なら、返済中でも、完済していても10年以内であれば対象。

それでは、完済している場合と返済中の場合について、それぞれ掘り下げて解説していきます。

完済している場合

既に、借金を完済している人の場合にも条件があります。

過払い金には時効があり、借金の完済後10年までです。

完済後10年を経過してしまった場合は、残念ながら過払い金請求はできないので注意が必要です。

返済中の場合

現在借金返済中の人が、過払い金請求をするためには、まずは現在の借金を完済する必要があります。

そこで、借金の元本を超える払い過ぎ利息が発生しないと、過払い金請求はできません。

そのため、ある程度長期にわたる取引期間が必要です。

過払金を取り戻したいなら法律事務所に相談しよう

自分で過払い金請求をすると、どうしても業者との交渉で不利になってしまい、過払い金を減額される恐れがあるからです。

専門家であれば、80~100%の過払い金を回収することが可能なので、相談するのが一番です。

では、どこにお願いするのがよいのか、いくつか抜粋したので詳しく紹介していきます。

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

最大の魅力は、過払い金請求のスペシャリストという点にあります。

過去10,000件以上の借金相談解決実績とノウハウを持つ、債務整理を専門に取り扱う実直なベテラン弁護士が、在籍している点で大変信用できます。

また、弁護士費用は相場を大きく下回り、リーズナブルな価格で利用できるのです。

東京ミネルバ法律事務所

東京ミネルバ法律事務所

この事務所は、数あるジャンルから借金の債務整理を得意としており、その実績は大手にも引けを取らないほどです。

事務所は東京ですが、地方での無料相談会を実施しており、債務整理の相談は全国で対応可能。

まずは相談からしてみてはいかがでしょうか。

アヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所

相談者一人一人に、最適なプランを提案することを心掛けていて、365日24時間相談を受け付けています。

テレビCMでよく放送されているので、名前だけは知っているという人は多いのではないでしょうか。

任意整理・個人再生・自己破産などの債務整理から、過払い金請求、闇金への対応まで幅広く対応してくれます。

キャッシングの金利に関する法律はきちんと把握しておこう

流れ

キャッシングを利用する際は、あらかじめ金利に関する法律を確認しておく必要があります。

なぜなら、金額によって金利は変動することや、上限金利を把握しておくことで、悪質な業者に騙される心配がなくなるからです。

安易な気持ちでキャッシングを利用することは、最悪の結果を招いてしまうことがあることを理解してください。

また、過払い金請求に関する知識をもっていれば、払いすぎてしまった借金を取り返すこともできますね。

その際は、自分で対応しようとせずに、専門家に相談するようにしましょう。