キャッシングは低金利で借りたい!見極める方法と低金利カードローンを紹介。

キャッシングを利用するときは、少しでも金利が低い業者を選びたいですよね。返済する金額に関わってきますから当然のことです。では実際に低金利なのはどこなのでしょうか。また、それを見極めるにはどうすれば良いのでしょうか。

この記事では、キャッシングの金利が低い金融会社の見極め方や金利が決まるタイミングなどをご紹介していきます。

キャッシングの最低金利と最高金利とは?

 

消費者金融などでは、よく実質年率〇〇%~〇〇%と幅のある表示をしていますが、この表示をみると初めて借りる人はもしかしたら下限の方で借りれるのではと期待しますよね。しかし、残念ながら消費者金融では一般的に上限に近い金利が適用になります。これは何故かと言うと初めての借り入れをする時には少額が多いこと、また借入実績のない人に高額な金額を貸すということは滅多に無いからです。

ではなぜこのような幅のある表示をしているのでしょうか。それは法律で義務付けられているからで、借入実績を積めば出来る限り下限の金利に近づいていくということになります。

キャッシングの金利は利用限度額で変わる?

最高金利の上限は利息制限法によって決められており、借入金額が多いほど金利は安くなります。具体的には10万円未満は年利20%、10万円以上100万円未満は年利18%、100万円以上であれば年利15%と定められています。

これによりこの条件に該当しない借入金額に対しての金利は違法となり、法の下に営業している正規の貸金業者はこの条件で借入を行っています。

金利の計算方法を把握しておこう!

 

キャッシングの上限金利は18%に設定している業者が多く、20%を超えるような法定金利を超えてお金を貸すようなところは法令に違反している業者なので注意が必要です。

借りた金額×年利%÷365日×1ヶ月(30日or31日)が1ヶ月の金利ということになります。計算式を見ると難しそうですが、実際に計算してみると意外とシンプルでわかりやすいです。自分で計算するのが億劫な人のためにネットで計算してくれるサイトもありますから、そちらを利用するのもお薦めです。

キャッシングが低金利かどうか知るには審査が必要

 

分割払いキャッシングを利用する場合、借入先はとても重要になります。様々なサービスから選ぶという方法もありますが、一番は金利ですよね。しかし各社が謳っている金利が必ずしも自分に適用するとは限りません。

ではできる限り低い金利でキャッシングを利用するためにはどうすればいいのでしょうか。

通常審査時に金利が決まる

キャッシングを利用する場合、少しでも低い金利で借入したいものです。ただこの金利は利用者が決めるものではなく、キャッシング業者や銀行の借入審査によって決まるものになります。そして借入限度額も審査通過時に分かります。

最低金利で会社を決めてはいけない

上記のことから最低金利だけでキャッシング業者を決めることは早計です。金利は審査によって決まるもので、審査基準も各社によって違ってきます。また初めて借入をする場合は最高金利が適用されるケースが多く、最低金利が適用されることはほとんどないでしょう。

低金利で人気のキャッシングができるカードローン会社

キャッシングを利用するならできる限り低金利で利用したいですよね。また、多くの人が利用するような人気のカードローン会社であれば安心できると言うもの。

ここではそんな条件に合った会社をいくつか紹介したいと思います。

りそな銀行

 

りそな銀行は銀行カードローンの中でも特に金利が低く、少しでも利息を抑えたいという人にはピッタリです。またキャッシュカードをそのままローンカードとして使えるのが特徴で、財布の中がかさばりにくいですし、ローンカードが見つかって借金がバレるといったケースも起こらないので安心できます。オートチャージ機能で口座の残高不足にも対応できるので、支払いが遅れるトラブルになりにくいのも特徴です。

プロミス

 

流れ

初回利用であれば、30日間無利息サービスが受けられます。30日以内であれば利息は一切かからず、30日以上かかっても30日間分の利息は必要ないので、どちらにしろ利用者にとっては助かりますね。

最近では各社ともスピード融資に力を入れていますが、プロミスはその中でも別格でwebからの申し込みだと最短1時間で融資が可能になります。

みずほ銀行

 

日本の三大メガバンクの一つであるみずほ銀行のキャッシングにおいて、大きなメリットといえばキャッシング利用可能枠が大きいということです。スタンダードなクレジットカードであれば利用可能枠は80万円、ゴールドカードになると利用可能枠は最高300万円です。

キャッシング利用時にみずほ銀行の口座開設が必要で、審査に少々時間がかかることを差し引けば、消費者金融よりも金利が低いので利用しやすいでしょう。

安易な低金利の文字には気をつけよう!

 

借金がバレた利用者を少しでも集めるために各業者は低金利を謳い文句として宣伝していますが、金利は審査により決定するものなのですから低金利の文字に踊らされないように注意が必要です。

金利は利用者が決めることでなく、業者が決めることなのでその点は頭にしっかりと入れておきましょう。確かに低い金利であることに越したことはありませんが、各消費者金融であれば大きな差はないので、その他サービスなどで選んでも良いでしょう。

自分にとってよりお得な業者をしっかりと吟味してから利用したいものです。