キャッシングで審査の時に他社から借り入れは無いって嘘を言うとどうなるの?

他社からの借入が、キャッシング審査に影響を及ぼすことは多くの人は知っているでしょう。だからこそ、審査のとき他社からの借入はないと嘘をつきたくなるのかもしれません。

実際には借入があるにもかかわらず、他社借入はなしと嘘をつくとどうなってしまうのでしょうか。

この記事では、キャッシングで他社から借入はないと嘘をつくとどうなるのかについて、詳しく解説します。

他社から借り入れ無しと嘘を言ったところでキャッシング業者にはバレる

どうしてもお金が必要だからとキャッシングの審査に通りたいために、他社の借入は無いと嘘を言おうと考えるかもしれませんね。

本当は他社からの借入があるにも関わらずにそれを「無い」と嘘をついても問題ないと思っているのであれば、それは大間違いです。

その嘘は必ずキャッシング業者にバレてしまうからです。自分の印象を良くしようとしたつもりでも、キャッシングの審査に通りたいから嘘をついているのだと逆に印象が悪くなります。他社からの借入無しという嘘は全く意味がないということですね。

なぜ業者に嘘がバレてしまうのでしょうか

顧客のキャッシング審査に必要な信用情報は業者の間で共有される

手段

キャッシングで借入をするとき、いくらまで借入可能なのかも含め、必ず審査が行われます。借入可能かどうかを審査するうえで欠かせないのが、信用情報機関です。

信用情報機関では、個人の信用情報を照会することができ、顧客の他社からの借入状況などがすぐにわかります。この信用情報は業者の間で共有されているため、キャッシングの審査の際には確かめられてしまうのです。

他社から借入なしと嘘をついても、キャッシング業者にはすぐにバレてしまいます。

キャッシング審査で他社の借り入れ無しと嘘を言うのは逆効果

キャッシングを申請するときは、審査に通過できるように他社の借入をなかったことにしたいと考えるのはキャッシングの利用経験がある人なら一度は考えたことがあるかもしれませんね。

もちろん他社からの借入があれば、キャッシング審査に影響が出る可能性は否定できません。しかし他社借入がないと嘘を言うのは逆効果です。

前述したように、嘘をついて他社からの借入がないことにしても、その嘘はバレてしまいます。他社借入の正直に申告するよりも余程金融業者からの心証が悪くなるので、何一つメリットはないのです。

キャッシング審査で他社の借り入れ無しと嘘を言うとどうなる?

キャッシング審査で、他社の借入はないと嘘を言ってもいいことはありません。他社の借入なしと嘘をつくことで発生する、リスクを見ておきましょう。

信用を失いキャッシング額を下げられる

そもそも、キャッシング審査のための申告に嘘を書くことは、信用を失う行為です。当然ながら、嘘がキャッシング業者にバレてしまったら、それなりのリスクを背負うことになります。嘘が発覚し、他社からの借入があることがわかれば、限度額の再審査が行われます。その結果、キャッシングの限度額が下げられてしまう可能性が高いです。

カードローンの強制解約

他社からの借入額が少ない場合は、嘘がバレても限度額の引き下げで済むかもしれません。その嘘の程度によっては、キャッシング限度額の引き下げだけにとどまらず、強制解約させられることもあります。強制解約させられてしまったら、カードローンからの借入はもちろん不可になります。契約が打ち切られることになってしまうと、再度キャッシングの申請をしても審査に通過する可能性は低いでしょう。

一括請求を迫られる

キャッシング審査に通って借入を行うことができたとしても、他社の借入なしと嘘をついたことで思わぬトラブルを招くこともあります。

嘘がバレたときに、キャッシング業者から一括請求を迫られることがあるのです。借入額が少額であれば一括請求されても支払えるかもしれませんが、借入額が大きい場合はとても苦しい思いをすることになります。

嘘の内容によっては罪に問われる可能性もある

キャッシングの申請に、他社の借入なしと嘘を書くことぐらいたいしたことはないと思っているかもしれませんね。しかし本人は軽い嘘のつもりでも、虚偽の申告をしたことに変わりはありません。嘘の内容によっては、罪に問われる可能性もあるので注意が必要です。

キャッシング審査の際他社借り入れとして記入する必要があるもの・無いもの

キャッシングで、他社借入なしと嘘をつくことによるリスクがわかりましたね。ただ、真実を申告するつもりでも、どのようなものが他社借入になるのか判断が難しい人もいるでしょう。

具体的には、下記のようなものは他社借入として記入する必要があります。

  • カードローン
  • フリーローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • ブライダルローン

など、基本的には無担保で借入ができるものは他社借入として記入しなければなりません。逆に、住宅ローンや奨学金、個人的な借入に関しては記入しなくても大丈夫です。

キャッシング申し込みで他社借り入れで嘘を言うメリットは無い

キャッシング利用の際に他社借入がないと嘘をつくことは全く意味が無いどころかデメリットしかないことについて、解説しました。

キャッシングの審査に通りたいがために、ついてしまった嘘は大きなリスクをもたらすこともあります。バレてしまう嘘をあえてつく必要はありませんし、他社からの借入を隠すメリットは何もありません。

キャッシングを申請するときは、他社からの借入は正直に話すようにしましょう。