20代がキャッシングを利用するときお薦めはどこ?【目的別でも解説!】

【目的別でも解説!】

20代になると、買い物や旅行、結婚式のご祝儀などお金がたくさん掛かってしまうものですね。出費がかさみ、キャッシングの利用を考える人は少なくないのではないでしょうか。

しかし、初めて利用する人は「どこから借りればいいかわからない」、「借りる上での注意点は?」といった疑問点が思い浮かぶでしょう。今回は、そんなキャッシング利用を考えている20代に向けて、お薦めの消費者金融の紹介や借りる上での注意点を説明します。

この記事を読むとわかること

・20代にお薦めのキャッシング

・20代の目的別のお薦めキャッシング業者

・20代がキャッシングを利用するときの注意点

20代にお薦めのキャッシングは消費者金融

20代にお薦めのキャッシングは消費者金融

20代にお薦めのキャッシングは「消費者金融」です。何故かと言うと消費者金融系カードローンにはメリットが多く、目的別に利用しやすいからなのです。

また、20代のキャッシング利用も増えており、対応も柔軟で初心者にも優しいサービスです。しかし、注意点もあるので以下に説明します。キャッシングを利用したいと考えている人は、自分に合ったキャッシングを見つけましょう。

20代の7人に1人はキャッシングの利用経験がある?

20代の7人に1人はキャッシングの 利用経験がある?

 

日本のキャッシング利用者は約1500万人、20代以上の人口の約7人に1人の割合です。利用者の年齢層は20代が最も多く、次が30代で年齢が上がるごとに減っています。

また、男女比率はおおよそ6:4で男性の利用者が多いですが、近年女性の利用者も増えてきています。職業についてはサラリーマンやOLが多いですが、学生や主婦など様々な方が利用しています。

キャッシングを利用したい20代に目的別のお薦め

キャッシングを利用したい20代に目的別のお薦め

キャッシングを借りる上で、求める条件や目的がそれぞれあるかと思います。以下に条件、目的別に6つのお薦めのキャッシングをまとめました。あなたに合ったキャッシングが見つかると幸いです。

非正規雇用の20代にお薦めのキャッシング

アルバイトや派遣社員などの非正規雇用者にお薦めのキャッシングは「三菱UFJ銀行カードローン」です。理由としましては、年率1.8~14.6%の低金利、かつスピード融資が可能であることが挙げられます。

テレビ窓口に行けばその場でカードを発行してもらえます。また、「アルバイト・パートOK!」と明記されているので、非正規雇用者でも審査に通ることがわかりますね。

可能な限り高額で借りたい20代にお薦めのキャッシング

100万円~200万円といった高額を借りたい人は「少しでも金利の低いキャッシング」を選びましょう。高額なキャッシングとなると、返済期間も長くなる上、少しの金利差でも利息が大きく変わります。

数ある金融機関の中で、金利の低いキャッシングは「銀行系カードローン」となります。ただし、利用の際、口座が必要な銀行もあるので注意しましょう。

借りても短期間で返済できる20代にお薦めのキャッシング

キャッシングを利用するが返済の目途が立っている、またはボーナスが近いからそこですぐに返済したいといった短期間で返済したい人にお薦めのキャッシングは「消費者金融系カードローン」です。理由としては、消費者金融系カードローンには「30日間無利息期間」が設けられているためです。

無利息期間はその名の通り利息がまったく掛からないので、借りた金額だけの返済となります。

20代にお薦めの在籍確認がないキャッシング

現在、「在籍確認がないキャッシング」はありませんが、「電話による在籍確認がないキャッシング」はあります。今回紹介するのは「SMBCモビット」のウェブ完結申込です。

こちらの特徴は「電話連絡なし」だけではなく、「郵便物なし」なので家族にキャッシングの利用が知られずに済みます。しかし、必要書類が多く、カード発行もできないので注意しましょう。

周囲にバレずに利用したい20代にお薦めのキャッシング

周囲にバレずにキャッシングを利用したい20代にお薦めのキャッシングは「アコム」です。周囲にバレずに利用するポイントとしては3つあり、「インターネットで申し込みを済ませておく」、「在籍確認を書類で済ませておく」、「アコムからの郵送物等を停止しておく」です。申し込みに関してインターネットで済ませておくと、自動契約機(むじんくん)でカード発行できます。

なるはやで利用したい20代にお薦めのキャッシング

なるはやで利用したい20代にお薦めのキャッシングは「消費者金融系カードローン」です。理由としては、最短で即日融資が多く、自動契約機での契約が可能であるためです。

自動契約機につきまして、設置してある地域が限られますが、土日祝でも営業しています。また、専用の電話でスタッフと話しながらできるので、初めて利用する人でも簡単に契約できます。

20代がキャッシングを利用するときの注意点

20代がキャッシングを利用するときの注意点

キャッシングを申し込むときに情報を盛らず正直に伝える

キャッシングを申し込むときは、自分の情報を正しく伝えるようにしましょう。審査に落ちないように、年収を多めに設定したり、勤務していない職場を伝えたりしても必ずバレます。

嘘の情報がバレると、今後のローンの審査がほとんど通らなくなります。また、氏名や年齢を偽って融資を受けた場合は詐欺罪で「10年以下の懲役」に処される可能性があります。

キャッシングの返済時に延滞しない

キャッシング返済時の延滞は絶対に避けましょう。延滞すると、遅延損害金として追加利息が発生し、個人信用情報機関にブラックリストとして登録される可能性があります。

個人信用情報機関にブラックリスト登録されると、キャッシングを利用できなくなったり、住宅ローンなどの審査が通りにくくなります。返済期限をしっかりを守り、信用度を下げないようにしましょう。

キャッシングで必要以上に借り過ぎない

キャッシングを利用する上で、最も注意すべき点は「必要以上に借りすぎないこと」です。しっかりと返済の目途を立て、必要最低限の額を借りるよう心がけましょう。

初めてキャッシングを利用する人は、最初に想定していた額以上に借りてしまうことがあります。しかし、借りたら借りた分だけ返さなければなりませんし、利息も増えるので借り過ぎには注意しましょう。

20代がキャッシングを利用する理由とは?

20代がキャッシングを利用する理由とは?

20代の7人に1人はキャッシングの利用経験があると上で述べましたが、では何故彼らはキャッシングを利用するのでしょうか。20代でキャッシングを利用する理由について下に列挙しましたので、一緒に見ていきましょう。

何度もキャッシングを利用していると感覚が麻痺してしまいついつい借り過ぎたり、延滞してしまう場合もあります。先述の注意点を見直して、計画的にキャッシングを利用しましょう。

生活費が足りない

年功序列制度が見直されている時代とは言え20代の内は大多数の人が収入がそう多くないものです。そんな中でついつい遊びや付き合いにお金を使ってしまい、結果として生活費が足りなくなりキャッシングを利用したパターンです。

自業自得と言ってしまえばそれまでですが、この理由でキャッシングを利用した場合は返済のために自制と節制を求められます。まだ完済してないけど来月も生活費がきつそうだからとキャッシングの利用を繰り返すのは多重債務へ繋がってしまいますから、そうならないようにしっかりと計画の上で利用したいところですね。

旅費に使う

社会人になると学生時代の同期や仕事の同僚と予定を合わせて旅行に行ったり、あるいは実家に帰省することがありますよね。その際の交通費の捻出に苦労し、キャッシングを頼って利用してしまうパターンです。

旅行に行った場合は交通費だけでは無く現地での食費や宿泊費も発生しますから、ある程度纏まった額が必要になります。加えて仲が良い友人との旅行をお金が無いという理由でキャンセルするのは気が引ける、と万が一のときは利用する20代の方も少なくない様です。

趣味や買い物に使う

社会人になればゴルフなどお金の掛かる趣味を付き合いで始めることは珍しくありません。また学生時代には手の届かなかった高額なブランド品も、自分で収入を得るようになったことで誰にも断らず買えてしまいます。

そうやって気付かない内に出費が増え、キャッシングの利用を迫られたパターンもあります。高額な買い物はそうそうするものでは無いからこそ、その様な買い物の時は何をいくらで買ったかなどの記録を残すなどして管理しておきましょう。

結婚式のご祝儀などに使う

社会人になって2~3年頃が同期の結婚式ラッシュの第一波が来る時期だと言われています。友人の立場では祝儀の相場は3万円な上に交通費が発生する場合もあります。例えば関東に住んでいて九州で結婚式がある場合は安くても2~3万円の交通費が掛かりますし、その結果所謂祝儀貧乏になってしまう場合もありますね。

特に付き合いの長い友人の結婚式ともなるとお祝いしたいものですが、交通費や祝儀などを用立てられずにキャッシングを利用する20代の人もいるのです。この場合の出費は上の項目とは違い自身のためのものではありませんし、やむを得ない理由とも言えますね。

金利を重視する20代は銀行系カードローンでのキャッシングも金利を重視する20代は 銀行系カードローンでのキャッシングも

銀行系カードローンは金利が低め

100万円以上の高額を借りたい人が、一番意識する点は「できるだけ低い金利で借りる」ことです。「銀行系カードローン」は、金利が低めに設定されています。消費者金融の一般的な金利は18%ほどですが、銀行系カードローンの場合は14%と低く設定されています。金利は返済期間や金額が変わればそれだけ影響も大きくなりますから、低いに越したことはありませんね。

銀行系カードローンの注意点は3つ

しかし、そんな比較的金利が低い銀行系カードローンにも利用時の注意点が3つあります。

キャッシング利用時の審査に時間が掛かる

銀行系カードローンのキャッシング審査は時間が掛かります。そのため消費者金融の様に即日融資はまず不可能です。キャッシングに即時性を求めるならば、銀行系カードローンでのキャッシングは不向きでしょう。

銀行系カードローンは審査のハードルが高い

これは上の項目の理由になりますが、銀行系カードローンは消費者金融に比べ審査のハードルが高いのです。銀行が行っているキャッシングのため、貸したお金を回収できるかどうかの判断は消費者金融以上に慎重に行われます。このため、信用情報に少しでも傷がある場合はキャッシングの審査に通らない可能性が高いでしょう。

消費者金融の様な無利子キャンペーンは無い

プロミスやレイクALSAの様な大手消費者金融はキャッシング初回利用の場合のみ30(60)日無利子キャンペーンを行っていますが、銀行系カードローンではこのようなお得なキャンペーンは行っていません。短期間で返済が可能な人にとって無利息ローンがないのはデメリットとなるので、しっかり考えてから利用しましょう。

20代でキャッシングを利用するときは目的を明確にした上で

この記事のまとめ
  • 20代にお薦めのキャッシングは消費者金融
  • キャッシングの申し込みで虚偽の情報は書かない、言わない
  • 銀行系カードローンは金利が低いものの審査のハードルは高く、時間も掛かる。
  • 延滞せず期日までに返せる額だけキャッシングする。

消費者金融カードローンのメリットは「審査から融資までが早い」、「無利息ローンがある」、「周囲にバレずに利用できる」ことです。逆に銀行系カードローンのメリットは「金利が低い」となっております。

自分の目的を明確にし、キャッシングを利用しましょう。また、延滞を引き起こさないように、返済の目途をしっかり立ててから利用しましょう。