学生に適用されるキャッシングの金利はいくら?お得な金利で借りれる金融会社は?

お金を借りるときには少しでもお得に借りられれば良いですよね。学生がキャッシングを利用するとき金利はいくら位になるのでしょうか。キャッシングを有利に利用するためにはどうしたらよいのでしょうか。

この記事では、学生がキャッシングした時の金利やお得に借りられる条件、金融会社を紹介いたします。

学生がキャッシングする時の金利は安め?

学生時代、学費や海外旅行など出費が重なりますよね。親の仕送りやアルバイトの収入で賄えないなんてこともあります。そこで1つ、キャッシングするという方法があります。借りる金融機関によりますが、学生ローンなら低金利で借りることができます。

今回は学生がキャッシングを利用するための条件、金利の計算方法やおすすめの金融機関など詳しくまとめました。

学生がキャッシングを利用するための条件

①年齢が20歳以上であること

まず1つ目の条件が「年齢が20歳以上であること」です。現に20歳未満に融資をしてくれる金融機関はありません。この年齢による制限は、「民法」の「未成年者保護規定」により定められています。

未成年者は「金融の知識が浅く、判断能力に欠けている」とみなされ、親の承諾がないと融資が受けられません。また貸し倒れの恐れも考慮されるので、金融機関にメリットがないのです。

②収入があること(アルバイト収入など)

2つ目の条件として「安定した収入があること」です。こちらは毎月給与が支給されるアルバイト等が当てはまります。対して「安定した収入」としてみなされないものは、投資やギャンブル等の毎月で収入に変動があるものです。そもそも毎月の収入が何もない状態では、融資を受けることができません。

③金融機関が学生の利用を受け入れていること

先述した条件を組み合わせると「年齢が20歳以上で安定した収入がある」となります。この条件を満たしていると学生でも融資を受けられます。「20歳と越えているが毎月の収入がない」や「18歳だが毎月7万円の収入」といった、年齢と収入の条件を満たしていない方は融資を受けられません。

金融機関によっては年齢と収入の条件を満たしていても、学生への融資を行っていないものがあるので注意してください。

学生に適用される金利は返金でいくら?

金利は金融機関によってことなりますが、大体「5~18%」の金利幅となります。これより安い金利から高い金利まで存在していることがわかります。学生に適用されるのは基本的に上限金利となり、「約18%前後」の金利がかかることになります。また「金利18%で10万円」の融資を受けた場合の利息は「1日あたり約49円」となります。

金利の計算方法が知りたい!

1日あたりの利息を出す計算式があり、それが「融資金額×金利÷365日(借入期間)=1日の利息」となります。計算してみると気づくかと思いますが、利息は案外安いです。たとえ「金利18%で10万円」の融資を受けても、1日あたり約49円、つまり1月あたり約1500円となります。少し外食を我慢すれば返せる額となっております。

学生でもキャッシングができるおすすめ金融会社

手段

【お手軽に即日融資】アコム

アコムの特徴として申し込みから振り込みまでが早く、審査も最短30分で終わります。また24時間365日申し込みを受け付けており、土日祝も平日と変わらないスピードで対応しております。

申し込み方法は電話、インターネット、自動契約機(むじんくん)があります。自動契約機で契約すると自宅に書類等が配送されないので周りに知られずに融資を受けられます。

【学生でも利用可能】プロミス

プロミスも「学生でも利用可能」な金融機関です。加えてプロミスは「初回借入時から30日間無利息」となり、先に契約をしておいて、後からキャッシングしても無利息となります。

また、プロミスには「プロミスポイント」というサービスがあり、インターネットの会員サービスを利用するとポイントが貯まります。このポイントで無利息サービスを受けることができます。

【低金利の学生ローン】イーキャンパス

イーキャンパスは学生を対象に融資をしている金融機関で、大手金融機関に比べて金利が低いです。さらに金利が下がるサービスがあり、「運転免許証を提示するだけ」で下がったり、学費目的や海外渡航目的の借り入れで下がります。

申し込みはインタネット経由を推奨しており、最短スピード審査で当日融資が可能です。

学生だからこそキャッシングの金利はしっかり確認しよう!

頑張る

「年齢が20歳以上で安定した収入がある」、この条件を満たしていれば学生でも融資を受けられます。しかし融資を受ける前に返済する見通しをしっかり立てておく必要があります。

万が一延滞を起こすと、個人信用情報機関にブラックリストとして登録される可能性があります。こちらに登録されると、今後金融機関の融資を受けられなくなったり、クレジットカードの発行や住宅ローンなどの利用ができなくなります。

融資を受ける前に利息の計算をして返済の見通しを立てましょう。