キャッシングしたお金の返済で入金が反映されるまでどれくらい掛かる?

借金

キャッシングを利用した際に、借りたお金をどのような方法で返済していますか。
返済方法によっては入金反映の時間が変わることはご存じでしょうか。

折角返済したのに、期日までに入金が反映されないと遅延損害金が発生してしまいます。
どの返済方法だとリアルタイムで反映されるのでしょうか。

この記事ではキャッシングの返済による入金反映について、詳しく解説していきたいと思います。

キャッシングしたお金の返済がATMか口座引き落としかによって、入金がいつ反映されるかは変わる

キャッシングの返済においてATM入金か口座引き落としかで日付が大きく違ってきます。

ATM入金の場合はリアルタイムで日付が反映されます。これは直接業者に返済する形になるためです。

口座引き落としでは入金反映まで複数営業日かかる場合があります
これは間に金融機関が入るので、業者に引き落としのデータが届くまでにタイムラグが発生するためです。早くて2営業日から遅くて1週間など金融機関や各社によって変わってきます。

ATM入金と口座引き落としについて詳しく説明します。

キャッシングしたお金をATMで返済した場合は、すぐに反映される

 

リアルタイムで反映されるATM返済はとても便利です。

そのためかキャッシングの返済でATMを利用する人は非常に多いです。
口座引き落としでは、手続きが面倒で自分の好きなときに返済できない、通帳に借金の記録が残るなどの理由があります。

キャッシングの利息は一日ごとに発生しているので一日でも早く返済したいという利用者に合っている返済方法といえます。

銀行やコンビニATMでは手数料がとられるので、できれば自動契約機で返済したいところです。

キャッシングしたお金を口座引き落としで返済した場合は、反映に数日かかる

反映までに数日かかる口座引き落としは不便と言えます。口座登録の手続きの面倒さが顧客から敬遠されているのか、昔では当たり前の返済方法であった口座引き落としですが、現在はATM入金による返済方法がスタンダードになりつつあるといいます。

キャッシングしたお金を返済するとき利息は一日ごとに発生しますが、口座引き落としでの反映が追い付かなかった場合、その遅れた日数分遅延損害金を支払う必要も出てきます。

キャッシングしたお金の返済のため入金するときに気を付けたいこと

返済方法によって、入金の反映時間が変わることがおわかり頂けたと思います。

では返済に関して初歩的な部分ですが、気を付けておきたいことを抜粋したので解説していきます。

返済額を間違えないようにする

借入金額の返済額だけでなく、振込手数料分を含めて振り込む金額を確認しましょう。

間違って多く入金してしまった場合には業者から連絡があった後で返金してくれますが、足りなかった場合についてはどうしようもありません。入金額が返済額に足りませんと連絡があるだけです。遅延・滞納となりますので、延滞金などの罰金が発生してしまいます。

支払日までにお金を用意しておく

上記と同様ですが、決められた期日までに入金できなければ滞納になります。資金が足りないなどがないようキャッシングを利用するときから無理のない借入を行いましょう。支払いがもし遅れてしまいそうなときは、あらかじめ業者に連絡をしておくと良いでしょう。

ネットバンキングならキャッシングしたお金の返済含め手続きがスムーズに

キャッシングの返済にはネットバンキングが非常に便利です。ATMは設置場所によって、土日祝日や夜間などに利用できない場合があります。

しかしネットバンキングはいつでも手続きが可能です。PCやスマホから簡単に操作でき、条件を満たしていれば振込手数料が無料になるので、無駄な出費を抑えることができます。

キャッシングの返済のための入金は、手段によって反映までの時間が違うことを忘れずに

手段

キャッシングの返済方法には様々ありますが、返済方法によっては入金反映の時間が変わることを覚えておきましょう。

口座引き落としでの返済は、いつ反映されるかわかりづらいため、できればATM入金やネットバンキングを利用したいところですね。さらにネットバンキングであれば繰り上げ返済も簡単にできるのでおすすめです。

いずれにしろキャッシングには無理のない返済計画をもって臨みたいですね。