キャッシングしたお金を早めに返済したい!いいタイミングとかコツってある?

手持ちの残金を超えるほど大きなお金が必要になったとき、キャッシングを利用しますよね。キャッシングしたお金は毎月利息を加えて返済していきます。

しかしキャッシングしたお金を適したタイミングで返済していくことで、通常よりも早く返済を終わらせることができます。

今回は、早めの返済に適したタイミング3つや早期返済のコツ、方法を説明していきます。本記事を参考にしていただき、早期返済を目指しましょう。

キャッシングしたお金を早めに返済するのに適したタイミングは3つある

キャッシングしたお金を早めに返済するのに適したタイミングは「ボーナスや臨時収入が入ったタイミング」、「お金に余裕のあるタイミング」、「お金が貯まったタイミング」の3つです。それぞれのメリットや心がけることを説明します。

キャッシングしたお金を早めに返済するのに適したタイミング

キャッシングしたお金を早めに返済するコツは3つあります。これらを実践することで返済期間を短縮、利息を大きく減らすことができます。

①キャッシングしたお金をボーナスなど臨時収入が入ったタイミングで早めに返済する

ボーナスなどの大きな臨時収入が入ったとき、旅行やショッピングに使いたくなりますよね。しかしこうした大きな額を返済にあてることで、返済期間を大幅に短縮できます。

また、多くの金融機関がインターネット経由での繰上返済にかかる手数料を無料としています。

臨時収入がある度、コツコツ返済していくことで、返済期間短縮だけでなく利息も減らすことができます。

②キャッシングしたお金をお金に余裕のあるタイミングで早めに返済する

収入が上がったり、毎月の固定費を下げたりで、お金に余裕ができるタイミングでの返済もおすすめします。この場合は毎月の返済に上乗せすることで、早期返済に繋がります。

少額でも上乗せしていくことで、想像以上に短縮できますので、是非実践しましょう。

③キャッシングしたお金をお金が貯まったタイミングで早めに返済する

ある程度お金が貯まったら、返済にあてることをおすすめします。ただし返済にあてるのは、使用しても不安にならない程度の額にしましょう。

貯金も大事ですが、早めに返済したほうが支払総額を減らすことができます。

キャッシングしたお金を早めに返済するためのコツ

早めに返済するコツは先ほど述べた「3つのタイミング」を逃さないことです。この3つのタイミングに共通していることはお金に余裕があること。

余裕ができるとどうしても様々な誘惑に負けてしまいそうになります。その誘惑に打ち勝つ強い精神を待ちましょう。

早期返済したほうが、手元に残るお金は「圧倒的に多い」です。長い目で考えるようにし、早期返済を目指しましょう。

キャッシングしたお金を早めに返済する方法は2つある

キャッシングしたお金を早めに返済する方法は、「全額返済」と「一部返済」の2つです。それぞれのメリット、デメリットを知りつつ、どちらで進めるか決めましょう

①キャッシングしたお金を全額返済で早めに返済する

キャッシングしたお金を一度に全部返す「全額返済」。こちらのメリットは、「支払総額を大幅に減らすことができる」、「カードローンの利用がしやすくなる」です。

理由として、支払総額については利息額が減るからですが、カードローンについてはキャッシングの利用限度の範囲が決まっているからです。逆にデメリットは、「貯金が大きく削られる」、「手間がかかる」です。無理に全額返済すると、生活を圧迫してしまう恐れがあります。

また、返済は毎月の定額返済が基本となっているので、別途振込や直接窓口まで出向かなければならない恐れがあります。

②キャッシングしたお金を一部返済で早めに返済する

お金に余裕ができた際に、毎月の返済とは別に返済する「一部返済」。こちらのメリットは、臨時収入や貯金が貯まったタイミングなど、「自分の匙加減」かつ、「低いリスク」で返済できることです。

デメリットは「全額返済ほど支払総額を削れない」、「全額返済以上に手間がかかる」です。しかし、通常返済に比べて一部返済のほうが、総支払額を少なく、返済期間を短縮できるので実践するに越したことはないです。

キャッシングしたお金を早めに返済するためには、月々の返済に少しのプラスでもOK

毎月の返済に少額でも上乗せした方が、早めの返済に繋がります。たかが5000円や10000円でも、塵も積もれば山となります。

毎月の飲み会や外食を数回我慢すれば達成できる金額ですので、甘い誘惑に負けず、返済にあてるように心がけましょう。ただし、返済に上乗せする金額が大きすぎると、生活できなくなってしまい、再びキャッシングを利用するとこになり兼ねないです。毎月の収支をきっちり計算した上で、返済にあてましょう。

キャッシングしたお金を早めに返済することで、利息の分支払総額を減らそう

本記事で記載した、「キャッシングしたお金を早めに返済する3つのコツ」や、「キャッシングしたお金を早めに返済する方法」をもとに、利息の分支払総額を減らしましょう。

もちろん生活に余裕を持ちつつです。再びキャッシングしては意味がないので、しっかりと収支を考えた上での返済をしましょう。