キャッシングで滞納した場合はブラックリストに載る?載ったか確認する方法は?

?

キャッシングは利用しやすいサービスではありますが、計画的に借り入れをしなければ、返済が滞ってしまうこともありますね。心配なのは、滞納した際に掲載されるブラックリストのことではないでしょうか。

ブラックリストに載ると、色々不便な点があることを見聞きするので、不安になるのも当然ですよね。

そこで今回は、キャッシングでの滞納のブラックリストへの掲載の有無について詳しく紹介していきます。

キャッシングの返済を3か月以上滞納するとブラックリストに載ってしまう

借金 滞納

キャッシングを始め、借金を滞納してしまったとき、気になるのはブラックリストのことでしょう。まず、キャシングでも返済を滞納すれば、ブラックリストに載ってしまいます。

通常、3ヶ月以上キャッシングの返済を滞納してしまえば、ブラックリストに載ることになるのです。

ブラックリストに載ってしまえば、様々なデメリットがあるので、できればブラックリストの載ることは避けたいですよね。

キャッシングの滞納でブラックリストに載ったかどうかは、自分で調べるしかない

分割払い

キャッシングの返済を滞納してしまい、ブラックリストに載ってしまったか不安になったら、自分で調べることができます。

どうすれば、ブラックリストへの掲載の有無が確認できるかを見てみましょう。

ブラックリストに関する情報を全国銀行個人信用情報センターに開示請求する

全国銀行個人信用情報センターでは、金融機関から借り入れた内容や支払い状況を確認することができます。

銀行のカードローンなどのキャッシングで滞納してしまって心配な人は、信用情報がどのように登録されているのかを調べてみましょう。

信用情報の開示には、申込書・手数料・本人確認書類が必要です。これらを全て用意して郵送すれば、数日で本人宛に郵送されてきます。

ブラックリストに関する情報を株式会社CICに開示請求する

CICは、もともとクレジット会社の共同出資によって設立された信用情報機関です。主に、割賦販売や消費者ローン、クレジット会社を会員としています。

通販や訪問販売をはじめとする、割賦販売で商品を購入している場合は、調べてみるといいでしょう。信用情報の開示は、郵送や窓口での開示以外に、パソコンやスマホを使ってネット上で閲覧することも可能です。

ネット上では、受付番号を取得して自分の情報を入力すれば、表示することができます。ただし、ネットでの閲覧には手数料をクレジットカードで支払う必要があるので、ない人は郵送か窓口で開示しましょう。

ブラックリストに関する情報を株式会社日本信用情報機構へ開示請求する

株式会社日本信用情報機構は、クレジットや金融機関などの与信事業を営む企業を会員としています。全業態を網羅する最大規模の信用情報機関となっていて、指定信用情報機関として内閣総理大臣に指定を受けている企業です。

信用情報の開示は、窓口や郵送、スマホで手続きができます。ただ、CICとは違い、スマホやパソコンで閲覧することはできないので、信用情報は後日郵送されてくる形になります。

手数料に関しては、クレジットカードやコンビニ払いも選択することができるようです。

キャッシングの滞納以外でブラックリストに載ってしまうケースは?

キャッシングの滞納以外でブラックリストに載ってしまうケース

キャッシングの返済を3ヶ月以上滞納する以外にも、ブラックリストに載る可能性はあります。

3ヶ月滞納していないから問題ないと思わずに、当てはまるものがないかをチェックしましょう。

任意整理や個人再生などの債務整理を行う

任意整理や個人再生というと、借金を減額させるための手続きのことですね。自己破産をすれば、ブラックリストに載ることは想像できると思いますが、任意整理や個人再生でもブラックリストには載ってしまいます。

任意整理であれ個人再生であれ、実際に支払うべき利息を減らしたり、債務を減らすことなので、借金滞納と同等に考えられます。

金融機関への借り入れを短期間で多重に行う

キャッシングなどの返済に困ったときに、金融機関や消費者金融に借り入れを行うことがあるでしょう。もちろん、1度だけなら問題はありませんが、幾つもの場所に短期間で多重に借り入れを行うとブラックリストに載ることになります。

審査が通らずに何度も申請を繰り返してしまう場合も、同様にブラックリストに載るので注意が必要です。

クレジットカードの現金化を行う

クレジットカードの現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金に換える行為のことです。具体的には、クレジットカードで商品を購入し、業者に引き取ってもらうことですぐに現金が得られるという仕組みになっています。

これは一見問題なさそうに思えますが、クレジットカードの現金化自体、グレーゾーンであり、ブラックリストに載る可能性があります。

奨学金の返済を滞納してしまう

奨学金も返済義務があるものであり、滞納すればキャッシングと同じく、ブラックリストに載ることになります。返済を分割で行っているわけですから、滞納すると信用情報に傷がつき、延滞記録として残ってしまうのです。

同姓同名と間違われて登録されてしまった

自分に非がない場合でも、稀にブラックリストに載ってしまう可能性があります。それは、同姓同名者と間違われてしまうケースです。

同姓同名でありさらに生年月日も同じとき、混同されてしまうケースが稀ですが存在します。

この様な場合はブラックリストに載らない

この様な場合はブラックリストに載らない

同じように不安に思えるケースでも、ブラックリストに載らないこともあります。ここでは、ブラックリストの乗らないケースを見てみましょう。

家族がブラックリストに載っている

ブラックリストの載っているのでは…と不安になっている人の中には、家族がすでにブラックリストの載っているからという人がいるでしょう。でも、家族がブラックリストに載ったからと言って、自分もブラックリストに載ることはありません。

あくまでも個人単位での掲載だからです。また、クレジットカード会社などでも、本人の情報しか確認ができないため、家族についてまで判別はできません。

コンビニ払いの電気・ガス・水道代を滞納している

電気やガス、水道代を滞納してしまった場合はどうでしょうか。
こちらは、キャッシングなどの借金とは違い、支払いに関しては信用機関に掲載されることはありません。

ただし、あくまでもコンビニ払い(現金払い)のみの場合です。
クレジットカードで公共料金の支払いをしているなら、同じく滞納すればブラックリストに掲載されてしまいます。

ほんの少しの滞納

キャッシングなどで返済日に口座に入金がされていない場合、それは滞納になってしまいます。でも、うっかり入金を忘れてしまうことは誰にでもあるでしょう。

このようなほんの少しの滞納であれば、ブラックリストに載ることはありません。すぐに入金を行っていれば、安心しても大丈夫です。

過払い金請求を行った

任意整理や個人再生などでは、ブラックリストに載ることを前述しました。過払い金請求の場合はどうかというと、こちらは今はブラックリストに載ることはありません。

過払い金請求は、支払いすぎた利息分を請求することで借金を減額させる方法ですね。そのため、過払い金請求を行ったとしても、ブラックリストに載ることはないのです。

ただし、キャッシングの滞納で過払い金請求を行えば、そのクレジットカードは再度作れなくなる可能性があります。

キャッシングの滞納でブラックリストに載ってしまうことのデメリット

デメリット

ここまで、ブラックリストに載るケースとブラックリストに載らないケースを見てきました。では、キャッシングを滞納してブラックリストに載った場合、どんなデメリットが発生するのでしょうか。

主に2つのデメリットがあります。

  • クレジットカードが新規に作れない
  • 車や住宅ローンが組めない

ブラックリストに載ってしまったということは、キャッシングを滞納して、きっちりお金を返さなかったということですね。そのため、新たに返済が生じるローンを組むことはもちろん、クレジットカードを作ることはできません。

お金を貸す側にとっても、リスクが大きい相手に貸すことは避けたいですから、当然と言えば当然でしょう。

キャッシングの滞納でブラックリストに載ってから消えるまでの時間

ブラックリストに載ってから消えるまでの時間

上記したようにブラックリストに載ると、デメリットが発生してしまいます。キャッシングで滞納してブラックリストに載ってしまったら、削除されるまでの一定期間はデメリットを背負ったままということです。

ブラックリストへの掲載期間は、短い場合は5年、長くて10年とされています。消えるまでの期間に差があるのは、ブラックリストに掲載された理由によって異なるからです。

キャッシングで滞納した分を完済したとしても、すぐにブラックリストから消えるわけではありません。つまり、ブラックリストに掲載されると5年~10年の間は、デメリットを背負ったままの生活が余儀なくされるのです。

滞納でブラックリストに載らない様にキャッシングの利用は計画的に!

キャッシングで滞納したらブラックリストに載るのかどうかについて、解説しました。キャッシングであっても、3ヶ月返済を滞納すればブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載ってしまえば、デメリットも発生し、消滅されるまで制限された生活を過ごすことになります。だからこそ、滞納でブラックリストに載らないように、キャッシングの利用は計画的に行うようにしましょう。