18歳、19歳の未成年でも即日でキャッシングできる?

やっていること

「少しお金が足りない…。」という時、すぐにお金を借りられたら非常に助かりますよね。特に大学生などは、生活費や交際費で出費がかさみがちです。

お金が必要な時、未成年でも即日でキャッシングをすることはできるのでしょうか。早速みていきましょう。

基本的に未成年(18歳、19歳)は即日でキャッシングをすることはできない

友達と遊ぶ時や欲しいものを買いたい時など、お金が必要な場面は未成年の場合でも数多くあります。お金が足りない時、すぐに借りることができれば非常に便利です。そういった意味でも、即日でキャッシングをしたい未成年の方は多くいるのではないでしょうか。

しかし、基本的に未成年の方は即日でキャッシングをすることができません。それは何故なのでしょうか。

未成年者保護規定で未成年(18歳、19歳)は金融業者からキャッシングできない

お金

未成年の人は、一般的に金融に対する知識や判断力が不十分とされています。十分な知識がないままキャッシングを利用してしまうと、その後の将来に大きな影響を与えかねません。

そういったリスクを回避するために「未成年者保護規定」という法律が定められています。

未成年(18歳、19歳)は親の同意が無ければキャッシングなど金融商品の契約ができない

金融に関する十分な知識がないままキャッシングを利用すると、借金を抱えたりトラブルに巻き込まれたりする可能性があります。未成年の場合は特に注意が必要です。

そういったトラブルを未然に防ぐため、未成年が金融商品の契約をする時は親の同意が必要とされています。もし親の同意がなかった場合、キャッシングなどを利用することはできません。それだけ慎重に判断すべき事柄と言えるでしょう。

金融業者からすると未成年(18歳、19歳)わざわざ契約するメリットがない

未成年との契約が成立した場合、キャッシングを提供する金融業者は特殊で手間のかかる手続きが必要となります。金融業者からしてみれば面倒臭いですし、未成年の未熟さ故に貸倒されてしまうことも考えられるのです。

仮に親の同意が得られて未成年の人が契約をするに至っても、金融業者側にはメリットが少ないといえるでしょう。

未成年(18歳、19歳)が即日でキャッシングできる例外的なケースとは?

原則キャッシングを未成年が利用する場合には親の同意が必要です。しかし、即日でキャッシングできる例外的なケースも存在します。

未成年でも利用できるケースとは、一体どのような場合なのでしょうか。詳しくみていきましょう。

学生ローンを利用するケース

未成年の人でも学生であれば「学生ローン」と呼ばれる学生を対象としたローンを利用することができます。未成年といえども大学生になれば学費や交際費などで出費がかさみます。そのような時にお金を借りることができる学生ローンは、心強い存在といえるでしょう。

ただし、学生ローンを利用する時には親の同意が必要となります。さらに借金を抱えることにもなるので、安易な気持ちで利用するのは辞めましょう。

未成年(18歳、19歳)でも既婚者であるケース

未成年でも既婚者である場合、民法上では「成人」として扱われます。未成年者保護規定の適用からも外れるため、キャッシングを利用する時も親の同意を得る必要はありません。

一方で、成人として社会的責任を背負うことになります。お金を借りた時は計画的な返済を心がけ、社会的信用を失わないようにしましょう。

未成年(18歳、19歳)がクレジットカードのキャッシングを使うケース

クレジットカードには「キャッシング枠」というものがあります。キャッシング枠を利用すれば、提供ATMなどでお金を借りることが可能です。しかも法に触れることなく、簡単に借りることができるというメリットがあります。

ただし、キャッシング枠を利用する時はクレジットカードが必要です。事前にクレジットカードの申込みを行うようにしましょう。

質屋でお金を借りるケース

ブランドバッグなどの価値ある物品を担保として、質屋でお金を借りることも可能です。担保があるため、社会的信用がない未成年でもお金を借りることができるのです。

一方で、未成年の人がブランド品を用意するのは難しく、キャッシングに比べて金利が高いというデメリットがあります。あまり現実的ではない方法なのでおすすめはしませんが、こういったケースがあることも知っておきましょう。

クレジットカードは未成年(18歳、19歳)でも発行できる

先程クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りるケースをご紹介しましたが、その場合クレジットカードの作成が必要不可欠となります。そこで疑問に感じるのが「未成年でもクレジットカードは作成できるのか」という点です。

未成年でもクレジットカードの申込みをすることは可能ですが、審査を通過しなければカードを作成することはできません。その審査を通過する際にどのような点がポイントとなるのでしょうか。

未成年(18歳、19歳)がクレジットカードを発行する場合はキャッシング枠を低めに

まず、虚偽の内容で申し込むことは当然ながらNGです。必ず本当の内容で申請するようにしましょう。また、キャッシングを利用する時と同様に親の同意を得る必要があります。同意がなければカードを作成することはできませんので、注意が必要です。

そして、キャッシング枠を低めに希望するようにしましょう。もしキャッシングの希望額を聞かれた時は、10万円以内を希望するのがおすすめです。以上のポイントを押さえた上で、カードの申込みを行うようにしましょう。

未成年(18歳、19歳)が即日キャッシングを利用するのはかなり厳しい

基本的に未成年が即日キャッシングを利用することはできず、金融商品の契約を交わす際には親の同意が必要となります。例外的なケースもいくつかご紹介しましたが、未成年が即日でキャッシングを利用するのはかなり厳しいといえるでしょう。

もし未成年でお金を借りられた場合も注意が必要です。将来返済に苦しむことがないよう、計画的に返済することが大切でしょう。