中小企業なら即日でキャッシングできる?どこがお薦め?【おすすめの会社をご紹介!】

【おすすめの会社をご紹介!】

CMなどでよく目にする大手消費者金融ですが、あまり名前を聞かないような業者も数多く存在しています。それらは中小企業の消費者金融と呼ばれており、大手消費者金融とは違った視点で経営をしています。そんな中小企業の消費者金融では即日キャッシングに対応できるのでしょうか。

この記事ではそんな中小企業の消費者金融が即日キャッシングに対応可能かどうかについて、詳しく解説していきたいと思います。

大手と違う審査基準の中小企業なら即日でキャッシングできるかも

中小企業の消費者金融では顧客獲得のために大手企業とは違う審査基準を設けているので、ブラックや他社借入がある人にも融資してくれる可能性があります。さらに即日キャッシングも可能な業者もありますから、大手企業で審査に通らない人には中小企業の存在はとても大きいですね。

中小のキャッシング業者は顧客の受け皿

基本的に、中小のキャッシング業者は大手企業で審査に通らない人たちの受け皿的な存在になっています。というのも、中小のキャッシング業者は大手に比べて知名度やサービスの面でどうしても劣ってしまいます。

なので、大手と同じような審査基準にしていても顧客は大手を利用しますから、企業として利益を生み出すことはできません。なので審査基準を緩くして大手に通らない人に融資をしているのです。

銀行や大手企業で審査に落ちた人や緊急でお金が必要なものの信用情報が傷ついておりブラックリスト入りしている人など、こういう人たちが一定数以上存在しています。中小企業はそんな人たちのニーズに合わせたキャッシング会社なので、比較的審査が甘く通りやすいようになっているのです。

中小のキャッシング業者でも虚偽情報があるとNG

基本的に審査はスピーディーな上に即日キャッシングが可能な中小企業の消費者金融は多いですが、申し込み時に虚偽の申告をしたりよほど問題あるようであれば、審査に落とされることもあります。というのも当然の話で、いくら顧客が欲しいと言っても嘘の情報がある客に融資してもそれを回収できる見込みは薄いと判断するからです。

自分の情報は正直に伝えることが重要です。嘘の情報がバレた際は間違いなく審査に落ちますし、落ちたことが信用情報に記載されてますますキャッシングが利用できなくなってしまいます。

即日キャッシングが可能な中小企業はどこなのか

中小企業の消費者金融とは、金融庁の貸金業登録と日本貸金業協会の加盟している合法的なキャッシング会社を指します。

中小企業の消費者金融は、大手企業よりも審査が早く通りやすいというメリットを持っています。そしておおよその中小企業は、即日キャッシングに対応しています。出来る限り早くお金を借りたいという人には、中小企業のキャッシングがおすすめです。

キャッシングにお薦めの中小企業をケース別にご紹介

50万円まで

中小企業の消費者金融は数も多いので、実際どこがおすすめなのか分かりませんよね。

ここではケースに分けて、中小企業のキャッシング会社の強みなど、詳しく解説していきたいと思います。

全国対応、来店不要で即日融資可能な「フタバ」「アルコシステム」

創業半世紀の実績と信頼のフタバは、債務整理に非常に強く、大手ではNGでもフタバであれば通る可能性が高いです。

金利は大手消費者金融と差異はなく、30日間無利息サービスがあるのも魅力の一つです。

兵庫県に本社を置くアルコシステムは、ネットで24時間申し込み対応しているので、急に現金が必要になったときや店舗に行けない人におすすめです。

土日でも即日キャッシング可能な「セントラル」

セントラルは超スピード融資で好評です。

得意とする融資までの速さだけではなく、信用情報が傷ついてしまっている人にも柔軟に対応する審査基準が人気の理由となっています。店舗は愛知県のみですが、セブンイレブンATM銀行での返済にも対応しています。

柔軟な審査に定評のある「フクホー」「AZ」

どちらも自己破産後や債務整理中でも利用できる数少ない消費者金融です。

融資率は他の会社と比べて高いのですが、給与明細が必要など融資までには約一週間はかかるといわれています。しかし債務整理後はもちろん、ブラックリスト入りしている人や債務整理中でも丁寧に審査してくれるなど、独自のサービスが圧倒的支持を集めています。

返済に対応したATMが多く書類も少ない「ダイレクトワン」

スルガ銀行ダイレクトワン支店の口座を利用すれば、返済がネット上で簡単にできます。

上限金利はやや高めですが、即日融資も可能になります。最少1万円から借入ができ、最大で300万円まで借入ができます。

キャッシング上限額が高い中小企業「ライフティ」

ライフティは、少額のキャッシングが可能で1000円から借入可能です。また初回限定ですが、35日間無利息サービスを実施しているので、金利の不安から解放されます。

しかし、金利が消費者金融の中でも少し高めですので、初回以外であれば金利面の魅力はあまり感じられません。

法人対象のキャッシングを扱う中小企業「キャレント」

キャレントは、事業者向けのローンのみの取り扱いです。

ですので個人では借入は不可能であり、法人としても設立が1年以上経ったところでなければいけません。しかし、事業者ローンとして、金利もそこそこなので、非常に人気があるローンの一つであります。

北海道在住の人を対象とした中小企業「北海道キャネット」

北海道に8店舗を構える、中小消費者金融です。設立してからまだ15年ほどしか経っていませんが、急成長している会社です。

審査時間は最短15分とかなり早いですが、融資までには時間がかかるので急ぎの人には向きません。しかし申し込みに必要な情報は業界一少ないとされている会社なので、書類提出などの煩わしさはないと言えます。

中小企業から即日キャッシングしたいときの注意点

中小企業から、即日キャッシングするにあたり、気を付けたい注意事項などを抜粋しました。

ここで詳しく解説していきたいと思います。

即日キャッシングには来店必須ではないか

中小企業では、大手消費者金融と同様、即日融資可能という謳い文句がありますが、実際には来店しないと融資を受けられないということが多いです。

中堅の消費者金融であれば大手同様に公式サイトからいつでもキャッシングの申し込みができます。しかし様々な手続きがあるため、中小の消費者金融の中には即日はおろか数週間かかる場合もあります。即日融資を受けるためには、来店契約しなければならない業者も一部存在するのです。

午前中に即日キャッシングの申し込みができるか

とりあえず、申し込みは午前中に済ませておく必要があります。遅くても13時までに申し込みができないと、審査の時間を考慮しても即日キャッシングできない場合が多いです。

中小企業の消費者金融は通常ネットからいつでも申し込み可能ですが、審査は営業時間内でないと行えないのです。

必要な書類を用意できているか

申し込み前に必要書類をしっかり準備しておきましょう。これは、即日融資を受けるためのポイントになります。

大手であれば本人確認書類があれば契約可能ですが、中小企業の消費者金融では借入額に関係なく収入証明書類の提出も必須です。会社によっては、源泉徴収票や確定申告書などの書類が1点ないし2点必要となります。

在籍確認がとれるかどうか

大手同様に中小企業の消費者金融でも、勤務先へ在籍の確認が入ります。利用者にきちんとした収入があることを証明する在籍確認は、消費者金融がお金を貸し付ける上での必須条件となっています。

大手の消費者金融はこの在籍確認を違うものと代替することができますが、それ以外で在籍確認をしない業者がある場合はその業者との取引は止めた方がよいでしょう。

その中小企業は本当に安全な金融業者なのか

大手消費者金融と違い、中小企業の消費者金融はどうしても認知度が劣ります。怖いのは、本当に安全な業者かどうかになります。

正規の消費者金融なのかを確認できるのが、日本貸金業協会のホームページです。その中に金融業者の検索ページがあるのですが、ここで検索して出てくる企業は正規の金融業者であることを示し、政府のお墨付きということになります。

しかし逆に検索に引っ掛からない業者の場合は悪徳業者、いわゆる闇金と言われる業者です。そのような業者から借金をすると困るのは自分です。決して利用しない様にしましょう。

中小企業に即日キャッシングを申し込んで良い人・やめた方が良い人

中小企業の消費者金融には、メリット・デメリットがあります。それぞれの特徴を鑑みて、申し込むべき人とやめた方がいい人を見極めましょう。

大手のように万人受けするサービスでは、中小企業は競争に勝つことはできません。そのため、女性の使いやすいサービスや、専業主婦・無職でも利用できるサービスなど、特定の顧客に特化したサービスを行っているのが中小企業のメリットです。その人に合わせた適切なサービスを選ぶことができる点は大きなメリットです。

次にデメリットですが、自動契約機など便利なサービスがなくネットや窓口での申し込みが基本となり手間がかかりやすいのです。大手と比べて資本力が弱いため、金利が高めである場合が多く、またヤミ金融の危険性もあります。

即日キャッシングを希望なら中小企業より大手の方が確実な手段

わざわざ中小企業の消費者金融で即日キャッシングを希望しなくても、大手消費者金融はその全てを叶えてくれます。さらに万人受けするサービスを多数揃えているので、どんな人でもマッチすることでしょう。

中小企業の消費者金融は、大手消費者金融で融資を受けられない人の受け皿のような存在なので、そのような人でなければ大手消費者金融をおすすめします。金利が高くヤミ金融である危険性もあることから、中小企業の消費者金融は、特定の条件に当てはまる人以外は利用しないほうが得策でしょう。