18歳でもお金を借りることはできる?借りることができる業者は?

ある程度の年齢になれば、突然お金が必要になることはそう珍しい事ではありません。

友人の結婚式やお盆の帰省などの理由もあれば、レジャーや行楽のためにという理由もあるでしょう。

そんなときお金をどのようにして工面すれば良いのでしょうか。

成人であれば金融会社から借入を行うことができますが、18歳の場合はどうなのでしょうか。成人と同じくカードローンや消費者金融からお金を借りることができるのでしょうか。

未成年の借入はとても難しいです。

では18歳がお金を借りるにはどうしたら良いのでしょうか。この記事では18歳がお金を工面する方法について見ていきたいと思います。

クレジットカードのキャッシング枠でなら18歳でもお金を借りることはできる

多くの金融会社は貸付条件に成人であることが含まれており、18歳は貸付対象ではありません。

クレジットカードに付帯するキャッシング枠ならば未成年であってもお金を借りることが可能です。クレジットカードでのキャッシングとは、ATMで現金を借りられるシステムのことです。

キャッシング枠は多くのクレジットカードで提供されています。

18歳で発行できるクレジットカードはどれ?

クレジットカードは20歳からしか所持できないと思っていませんか。実は一部例外を除いて、18歳からクレジットカードを所持することが可能です。

高校を卒業しているかどうかや親からの同意があるか否かなど、クリアしなくてはいけない事項がいくつかあります。キャッシング付きクレジットカードを持っていると、18歳でも借金が可能です。

18歳がキャッシングで借りることができる金額は5~10万円

キャッシング枠付きのクレジットカードで18歳はいくら借りることができるのでしょうか。

未成年であるため借入可能な金額に制限があります。

18歳でもクレジットカードのショッピング枠は10〜30万円設定可能ですがキャッシング枠は5〜10万円と少額の設定になります。

キャッシング枠を利用しての10万円以上の借金は難しいでしょう。

消費者金融や銀行カードローンでは18歳はお金を借りることはできない

消費者金融機関では、未成年保護法の観点から18歳がお金を借りることはできません。

親の同意がある場合か、18歳の未成年でも結婚していて、かつ安定した収入が見込める場合は「成人」とみなされるため借入ができます。ただし、原則として未成年への貸付は法律で禁止されています。

一部の学生ローンでは18歳でもお金を借りることはできるがリスクも存在する

「学生ローン」とは、学生でもローンを組むことができる融資商品のひとつです。

使い道の制限も緩く、安定した収入があれば審査も通りやすいと言われています。

大手金融会社の学生ローンは取り扱いが少なく、中小金融会社から借りることに抵抗がなければ選択肢の1つになります。

大手金融業者で借りられない年齢なら、大人しく借りることを諦めるのも手

税金滞納

18歳でお金を借りることは大変困難です。

初めてお金を借りる場合、中小の金融会社で借りるより大手を選んだ方が安心ではないでしょうか。

貸付を18歳にまで広げている中小の金融会社から無理して借りなくても良いかもしれません。

安心できる機関で借入できる年齢まで待つのも選択肢の1つです。

18歳がキャッシング以外でお金を手に入れる選択肢

18歳がクレジットカードのキャッシング枠以外で借入をする手段はあるのでしょうか。

① 社会人ならろうきんカードローンが利用できる

ろうきんは労働金庫の略称で、労働組合や生協会員からの出資からなる金融機関のことを指します。

18歳から65歳未満まで借りることができ、銀行や消費者金融と違い金利も年8%前後と低めに設定されています。

ろうきんに参加していない一般の方の場合は年間に100万円までお金を借りることが可能です。

借りるための条件は「年齢が18歳から65歳未満であること」「1年以上の勤続経験と年収が150万円以上あること」「毎月の収入が安定していること」の3つです。

② 学生なら学校の緊急融資に相談してみる

18歳でも学生であれば国からの教育ローンや財団法人の緊急貸付制度を利用することができます。

奨学金との違いは、奨学金民間のは独立法人から貸与されるのに対し、教育ローンなどの緊急融資金は学生が臨時に資金が必要になった際、学校を通して借りることができるお金であるという点です。

貸付を受けられる条件として、連帯保証人の有無や学生であることを証明する書類などの提出が求められます。利用者が未成年である場合は原則親の同意が必要となります。

③親に相談してみる

18歳がお金を借りるのに一番安全な方法は、親に相談してお金を貸してもらうという方法です。

親からお金を借りるのは忍びない、お金がないことがバレたら恥ずかしいという思いもあるかもしれません。
未成年である以上、金融機関からお金を借りることは基本的にはできません。

どうしてもお金が必要な場合には、素直に親を頼り解決策を探しましょう。

18歳でのお金を借りる手段は非常に限られている

現在の法律では18歳はまだ成人として認められていないので、お金を借りる手段も非常に少ないといえます。
一番安全であるのは親に相談をするのが良いでしょう。

限られた手段の中で、計画的にお金を借りるように心がけましょう。