年収とキャッシング枠の関係ってどうなってるの?【知って得するお金の話】

なぜお金をお金を借り入れする時に年収を書くのか気になったことはありませんか?

お金を借りるには、それに伴った年収も求められます。

今回は、キャッシング枠と年収の関係をわかりやすく解説していきます。

キャッシング枠は総量規制で年収の1/3までと決まっている

車のローン

クレジットカードを使ってお金を借りることができるのがキャッシングです。

このキャッシングにはいくらまでお金を借りることができますというキャッシング枠があります。

総量規制の制度により年収の3分の1以上はお金を借りることができないとされています。

これにより年収に見合わない借金をする人が依然と比べ格段に減ることになりました。

なぜキャッシング枠は年収の1/3までと決められたのか

任意整理

本来総量規制というのは消費者金融や信販会社などの貸金業者が対象であり、彼らが発行するカードローンが年収の3分の1の制限対象となっていました。

ですが、過剰な貸し付けを防ぐため銀行が発行するカードローンについても、自粛的に年収の3分の1以上のキャッシングを防いでいるのが現在の流れです。

なので、現在はどの金融機関でも、借入合計額が年収の3分の1を超えないようにするというのが基本的なルールと定められています。

キャッシング枠は必ず年収の1/3まであるわけではない

キャッシング枠は年収の3分の1が基本ではありますが、必ずしもそうではありません。

銀行カードローンやおまとめローン、事業者ローンなどは総量規制の対象外となり年収の3分の1以上のキャッシングが可能になる場合があります。

このように総量規制の制度にも対象外があるということです。

銀行系からの借り入れはキャッシング枠の総量規制対象外

総量規制とはそもそもカードローンやキャッシングでの多重債務に苦しむ人を減らす事を目的として作られた制度です。

しかし年収の3分の1では枠が少なすぎて家のローンが組めないので困る人が多いのではないでしょうか。

この総量規制の対象は何も全てのローンに当てはまるわけではないのです。

これに該当しない例外ももちろん存在します。

主に銀行系からの借入においては総量規制の対象外なので、家などの高額な買い物であれば年収やキャッシング枠を気にせずに利用できますね。

年収に対しいくらキャッシング枠があるかは住宅ローンの審査に影響する?

結論からいうと影響します。

クレジットカードのキャッシング枠は借金と同じような扱いとなり、実際にキャッシングをしなくても設定しているだけでローン審査では見なされます。

キャッシング枠があることにより審査に通らなくなるということはありませんが、法律によって影響が出る部分と審査の過程で限度額を下げざるを得ないケースがあります。

使わないのであれば極力キャッシング枠は付けない方がローンを組む際は有利になります。

キャッシング枠は自分の年収を考慮して使用したい

総量規制は多重債務者や借りすぎを防止するために作られた制度です。

銀行系などは対象外で借入額は年収に左右されず、多額の借入が可能になります。

しかし返済することを考えると自分の年収に見合った金額を借入したいです。

特にキャッシングでは、何回でも安易に借りることができる性質にあるので

自分自身でしっかりと管理していかなければなりませんね。