大学生が借金できる金額はいくらまで?【総量規制についてもご説明!】

大学生 借金額

大学生はいったいどれだけの額を借金できるのでしょうか。仕送りの額によっては、それとアルバイトの収入だけでは足りないという大学生もいらっしゃるかもしれません。大学生は講義や試験を受けて単位を取らなければ卒業できませんから、それを放棄してアルバイト三昧というわけにもいきません。

どうしても借金が必要になった場合にいくらまで借りられるのかを知っているのといないのとでは、返済をはじめとした計画も変わってくるのではないでしょうか。

この記事では、大学生が借金できる金額について、それに関する制度について触れつつご説明していきたいと思います。

大学生が借金できる金額の上限は50万円

現代の日本において、世帯収入の減少により大学生の仕送りが少なくなっていると言います。仕送りがなければ、大学生はどのようにお金をやりくりするのでしょうか。

アルバイトでお金を稼ぐというのが一般的ですが、中には借金をする大学生もいます。

原則学生ローンの融資限度額は50万円で、それ以上の金額になると貸金業法の定めにより手続きが面倒になります。手続きを厳格にすることで、あまり稼ぎのない大学生が借金漬けにならない様に配慮されているといってもよいでしょう。

総量規制という制度について

お金を借りすぎて返済できない状況に陥らないために、日本には総量規制という制度があります。この制度により、債権者は個人に対して年収の3分の1以上の貸付はできないとされています。

つまりは年収150万円であれば最大50万円まで、年収120万円であれば最大40万円までならば借金することができます。

この制度は消費者保護のための仕組みで、学生ローンなどでは上限規制もあるのであまり影響はありませんが、学生以外が対象の場合は多重債務に陥るのを防止してくれる制度といえますね。

アルバイトによる大学生の平均年収

お金を稼げるだけ稼ぎたいと思っている大学生は多いと思います。しかし学生かどうかに関わらず被扶養者が年間103万円以上の収入を得ると、年収103万円の壁と呼ばれる税金の問題が絡んできます。

そして103万円~150万円の間では世帯収入が増えず、この幅での年収であればいわゆる手取りは全て同額になり、場合によっては収入が減ることもあります。年収を103万円に抑えるには月収8.5万円以下でなければなりませんから、時給1000円換算で月に85時間、つまりは週4回の勤務で1日あたり5時間程度の労働しかできないことになります。

学生ローンの限度額は原則50万円まで

50万円まで

大学生が気軽にお金を借りられる場所といえば、学生ローンになります。学生ローンの融資上限額は原則50万円とされており、借りすぎて借金苦にならないよう配慮されています。この50万円はあくまでも上限額なので、全ての人が上限額いっぱいまで借りられるわけではありません。

いくら学生ローンといっても、きちんと誠実に返済してくれるかどうかを見ているので、最初は少額から融資して様子をみるということもあります。また、年収の3分の1の金額までしか貸付できない総量規制の制度を考慮した上で仮に上限額いっぱい借りるとなると、150万円を超えた年収が必須となりますね。

大学生は必ずしも希望する分だけ借金できるわけではない

前述の通り、必ずしも希望額を融資してもらえるとは限りません。そこには、学生は社会人に比べて返済能力が低いという事実が前提にあります。

総量規制の制度にもある通り、収入に対しての融資限度額が決められている以上、そこは認めざるを得ません。上限額満額での融資となると、年収103万円の壁を飛び越えてしまっていますから現実的ではないですね。

大学生の借金限度額は何によって左右される?

①借り入れ状況

まずは消費者金融など他社からの借入がないかを確認されます。他社でも借入があり加えて複数社からの借入があるとなれば、返済能力に不安があると判断されてしまい借入限度額は少なくなるでしょう。

さらに、学生ローンを利用する人は初めてお金を借りる人が多い傾向にあり、その様な人は当然ながら信用情報の記録はないので、必然的に借入限度額は抑えられてしまいます。

②年収による返済能力判断

返せる保証がなければ、まず融資してくれません。総量規制により一般的には年収の3分の1まで融資は可能ではありますが、初めての場合などはお試し融資として、少額の貸付しかしない場合もあります。

いずれにしろ、年収は返済能力の判断に必要不可欠な基準といえます。

③各金融業者内での規則

貸金業法は3つの規則から成り立っています。

  • 1つ目は総量規制です。「年収の3分の1までしか貸付できません」と貸付金額を制限したものです。
  • 2つ目は金利規制といい、10万円未満は契約の20%、100万円未満は契約の18%、100万円以上は契約の15%と上限金利を決めたものです。
  • 3つ目は行為規制といい、脅しや威迫の取り立てはしません、1日の取り立ての電話の回数や自殺による保険金が支払われる契約を禁止したものです。

この3つの規制により、金融業界は秩序を保ってるのです。

大学生の借金は10万円以下のキャッシングが大半

学生ローン以外で考えると、お金が必要な学生は他にどこで借りているのでしょうか。親などの身内、クレジットカードのキャッシング、消費者金融と様々な方法があります。

それぞれの借り入れ方法におけるメリットとデメリットについて説明していきます。

①親からの借金

一番安全な手段として挙げられるのは、親から借りることです。生計が同じなら贈与税の対象にもなりませんから、その場合は利子もかからず、加えて返済の督促に脅える心配もないでしょう。

しかし、借りたお金の用途を説明する必要がある可能性もありますし、その内容によっては説教されてしまう場合もあります。さらに何度も借りるようになり、額も膨れていくと最悪の場合、親子関係にひびが入ってしまう可能性もあるでしょう。

②クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシング枠を使いましょう。コンビニのATMなどであれば、お金が必要なときにすぐに用意できます。返済も毎月のショッピングの支払いに合算されるだけなので簡単です。

ただし、手軽であるがゆえに借りすぎないよう注意が必要になります。

③消費者金融

最近では明るいテレビCMで馴染みもあり、気軽に利用できるようなイメージがありますね。利用が初めてであれば借入から30日間無利子というサービスを実施しているので、初回利用に限れば学生ローンよりは安価でお金を借りることができます。

審査は少々ハードルが高いかもしれませんが、このサービスはとても魅力的ですね。

大学生の借金は希望通りの額を借りられるわけではない

希望通り

大学生は社会人とは異なりその本分は働くことではないので、稼げるだけ稼ぐことができません。

学生ローンは確かに頼りになります。借りるのが少額であれば問題ありませんが、必ずしも希望額を融資してもらえる保証はありません。その場合は、クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融を利用することになります。

結局、一番安全なのは親に借りる選択肢かもしれませんね。ある程度のお金の相談は受けてくれるのではないでしょうか。

▼借金している大学生の割合は?どこで借金していることが多い?▼

大学生 借金の割合借金している大学生の割合は?どこで借金していることが多い?