キャッシングにおけるグレーゾーン金利って何?今も存在してるの?

グレーゾーン金利という言葉を聞いたことがありますか?一昔前は、キャッシングなどでグレーゾーン金利が適用されている金融会社も存在していたのも事実です。

現在もグレーゾーン金利はあるのでしょうか?この記事では、グレーゾーン金利の何が問題なのか、また現在も存在するのかについて徹底的に解説していきます。

キャッシングのグレーゾーン金利は法改正により今は存在しない

キャッシング時のグレーゾーン金利は、2010年6月18日最高裁判所の判決により、現在では基本的にクレジット会社や信販会社では存在はしていません。

しかし、一部の質屋業者や、闇金業者では現在でもグレーゾーン金利は存在している為、キャッシング時におけるグレーゾーン金利について確認していきましょう。

キャッシングのグレーゾーン金利とは何だったのか

まず、キャッシングのグレーゾーンとは、2010年6月18日より出資法が改正される前に存在していた、金利の事となります。

というのも、出資法が改正される前では、利息制限法の上限値である20%を超え、出資法で定められている29.2%未満の金利にてキャッシングを行うことがグレーゾーン金利として横行していました。

なぜ、利息制限法の金利を超えているのにそのような事例があったかというのも、出資法の改正前では29.2%の金利を超えなければ、刑事処罰がなく、且つみなし弁済規定によって、グレーゾーン金利によるキャッシングが一般的となっていました。

現在では、出資法の改正により、キャッシング時の金利が20%を超える場合には刑事処罰が下される為、現在ではグレーゾーン金利は存在しません。

キャッシングのグレーゾーン金利は何が問題だったのか

希望通り

みなし弁済に関する規定にて、借主が任意で利息を支払っていること、とあります。

この任意とは、本来であれば本人の意思で選択する事と考えるのが普通ですよね。

しかし、キャッシングする金融業者は、グレーゾーン金利が本来の正当な金利より高い事を、利用者に説明するする事がありませんでした。

その上、借り入れをする側からすれば、業者が提示してきた金利が、グレーゾーン金利だとは思いませんよね。

このような状況から、グレーゾーン金利と知らないまま、キャッシングをしてしまい、金利が高く返済が追いつかなくなり、また別業者からキャッシングをしてしまう、自転車操業のように借金を返済していく、多重債務者が激増してしまうといった事が社会問題になってしまいました。

グレーゾーン金利でキャッシングを利用していた人は、利息を払い過ぎているかも

最悪のシナリオ

グレーゾーン金利にてキャッシングをしてしまっている方は1000万人以上ともいわれています。

2010年以前にキャッシングをした事がある場合には、金利が29.2%ギリギリで契約している可能性が高く、必要以上に利息を払ってしまっている方の方が多いと言われています。

グレーゾーン金利でキャッシングを利用していた人は過払い金請求ができる

過払い金請求ができる条件が、過去にグレーゾーン金利にてキャッシングを行なっていた場合とあります。

ただし、時効を迎えていない事が必須条件になります。(返済完了より10年)

それはそうと、過払い金の1人当たりの金額は約82万円とも言われていますので、時効が成立する前に早急に過払い金請求を検討した方が賢明ですね。

グレーゾーン金利でのキャッシングは現在廃止されている

低金利

出資法改正により、基本的にグレーゾーン金利でのキャッシングは廃止されてはいますが、質屋業者や闇金業者では違法な金利にてキャッシング行為が行われています。

今一度、グレーゾーン金利について見直す事で、違法な金利でのキャッシングを未然に防ぐ事に繋がります。

また、グレーゾーン金利時代にキャッシングしてしまったかも?と心当たりがある方は、時効が成立する前に過払い金請求を必ずしましょう。