楽天カードが学生におすすめな理由とは?申し込み方法から注意点までご紹介!

たとえ学生でも、クレジットカードは必要ですよね。現金で支払いをするよりもポイントがついてお得だし、ネットショッピングなどクレジットカード払い以外だと購入に手間がかかります。

しかし、学生は社会人と異なり安定した収入は見込まれませんので、クレジットカードを持つことは難しいでしょう。そんな学生でも持てるクレジットカードが楽天カードです。

本記事では、楽天カードが学生におすすめな理由と、楽天カードの注意点をご紹介します。

学生が作れる楽天カードは2種類

楽天カードには、通常の楽天カードと学生専用の楽天カードアカデミーがあります。学生であってもどちらも作ることができますが、それぞれに別のメリットがあります。

楽天カードアカデミー

楽天カードアカデミーは、学生専用のクレジットカードです。学生でも無理なく利用ができるよう、限度額は10万円~30万円までに設定されており、キャッシング機能も付いていないので安心です。

また、入会初年度は楽天ブックスを利用することでポイントが5倍になったり、楽天トラベルで高速バスを予約するとポイントが3倍になったりと学生に嬉しい特典もあります。

楽天カード

たとえ学生であっても、18歳以上(高校生は不可)かつ、親権者の同意があれば通常の楽天カードの作成は可能です。通常の楽天カードであれば、入会時は5,000~8,000ptが付与されますので、考え方によっては楽天カードアカデミーよりもお得になる可能性もあります。

ただし、学生専用のクレジットカードではないので、クレジットカード初心者には注意が必要な事もあるでしょう。

楽天カードと楽天カードアカデミーの違い

楽天カードアカデミーは学生向きのですので、限度額が低い、キャッシング機能が無いといった安心感があります

また、楽天グループ内での買い物、高速バスの利用などで楽天カードよりも多くポイントが付与されます。

ただし、楽天カードアカデミーでは新規入会時には2,000ptしか付与されません。

楽天カードであればカードを使ったさいの付与ポイントは少ないですが、入会特典として5,000~8,000pt付与されます。

楽天カードを学生におすすめする理由3つ

クレジットカードにはいくつも種類があります。そのなかでも楽天カードが学生におすすめなのはどうしてでしょうか?

カード審査が比較的ゆるい

楽天カードの申し込み条件は、「満18歳以上(高校生は除く)」のみです。収入の不安定なパートやアルバイトでも、もちろん学生でも申し込みが可能です。

他のクレジットカードは、年収などの審査が厳しく、学生であれば申し込みをしても落とされる事もあるでしょう。しかし、楽天カードならそんな心配はいらないのです。

収入がゼロでも申し込みできる

楽天カードは、自分に収入がない専業主婦や学生でも申し込みが可能です。基本的には、同居している家族(配偶者や親)に収入があれば問題ないと言われています。

申し込み画面で世帯収入や貯金額を入力する項目がありますので、家族に支払い能力があると判断されれば、審査に落ちることは無いでしょう。ただし、自身に収入が無い場合は、キャッシング機能は利用不可です。

学生でも一時増額が可能

クレジットカードは、通常学生に対して10万円~30万円の限度額を設けています。これは、クレジットカードに関する法律で定められているので、楽天カードであっても同様です。

しかし、海外旅行などであれば現金よりもクレジットカードで支払いをしたいですよね。そんな時、楽天カードは一時的な増額申請を行うことで限度額を50万円まで引き上げることができるのです。

学生が楽天カードの申請に必要な物

PCを打つ手

学生でも発行可能な楽天カードですが、申請時に必要なものもあります。カードの申請はインターネットから行いますので、申請時には身分証明書の提示をしなくても問題ないですが、受取の時には身分証明書の提示が必要です。

また、楽天カードの請求先の銀行口座も必要ですので、どの口座を請求先にするかは申し込みのタイミングで決めた方がいいでしょう。さらに、学生であれば発行前に親権者に電話で確認を摂る事もあります。あらかじめ説明しておくことも必要です。

楽天カードの申し込み手順

スマフォを持つ女性

楽天カードの申し込みは、インターネットから行います。ここでは、申し込みをしてから楽天カードを受け取るまでの流れをご紹介します。

公式サイトより申し込みフォームに記入

まずは、楽天カードの公式サイトから申し込みフォームに必要事項を入力します。預貯金額を入力する項目もありますので、申し込みをする際には預金通帳を手元に用意しておいた方がいいでしょう。

申し込みフォームにある項目は、全て審査の対象になります。たとえ必須事項でなくても全て入力するようにしましょう。

審査結果のお知らせ

申し込みをしたら、通常は1週間から10日程度の審査があり、問題なければ楽天カードが手元に届きます。時間がかかっていて不安、ということであれば申込時に発行された「カード申込ID」を使って発行状況の確認をすることも可能です。

郵送で楽天カードの受け取り

楽天カードが発行されれば、いよいよカードが手元に届きます。本人限定郵便で届き、受け取る際には申込時に登録した住所と同じ住所が記載されている身分証明書の提示が必要です。登録住所は現在の一人暮らしの家だけど、免許証に記載されている住所は実家、と言ったことの無いように注意しましょう。

学生が楽天カードを申し込む際の注意点

学生でも気軽に申し込みのできる楽天カードですが、申し込みをすれば必ず審査が通るわけではありません。ここでは、申し込みの際の注意点をご紹介します。

高校生は申し込み不可

満18歳以上であれば誰でも申し込み可能かと言えば、そうではありません。同じ18歳でも、大学生やフリーターであれば申込可能ですが、高校生は申し込みが出来ないのです。

楽天カードの申し込みをするときは、高校を卒業する3月以降に申し込みましょう。早めに申し込みをすれば、新しい生活が始まる4月には楽天カードを手にすることができるでしょう。

20歳以下は親権者の同意が必要

大学生であっても、社会人であっても20歳以下であれば未成年です。たとえ就職して収入があったとしても、楽天カードを作成するには親権者の同意が必要です。

担当者から親権者に電話連絡が行くこともありますので、電話を取ってから慌てなくてもいいように、必ず事前に説明し、ちゃんと同意してもらってから申請をしましょう。

キャッシングは収入がないと難しい

全く収入のない学生であっても作成できる楽天カードですが、キャッシング機能を付けるとなると話は変わります。収入が無いのにキャッシングしたところで、返済ができないのは目に見えていることですよね。

キャッシングしたけれども返済できない、という事例を防ぐため楽天カードは学生や専業主婦など収入のない方にはキャッシング機能の無いものを発行しています。

楽天カードは学生にとってもおすすめ!

学生とはいえ、クレジットカードが必要な場面はたくさんあります。しかし収入のない学生では、作れるクレジットカードは限りがあります。

楽天カードであれば、学生でも簡単に作ることができて、限度額も無理のない範囲での調整が可能です。初めてのクレジットカードは、無理なく利用できる楽天カードが絶対おすすめです。