30代は借金から立ち直れる?立ち直るために必要なことは?

30代は借金から立ち直れる? 立ち直るために必要なことは?

30代と言えば、世間的にはある程度安定した収入を得て家庭を持っている年齢かもしれません。そんな年齢だからこそ、借金に陥ってしまうときちんと返済できるのか不安になってしまいますよね。

この記事では、30代で借金を抱えた場合立ち直れるのかについて紹介します。

この記事を読むとわかること
  1. 30代でも借金から立ち直ることは可能
  2. 30代でも借金から立ち直るために必要なこと
  3. 30代でも借金から立ち直るには債務整理も手段の1つ

30代でも借金から立ち直ることは可能

30代でも借金から立ち直ることは可能

30代というのは、働き盛りの年齢と言えます。そして晩婚化が進む現代社会においても、結婚している人は相応に多い年代です。そんな中で借金があると、周囲の30代と比較してどうしても不安になってしまうこともあるでしょう。

30代になって借金を抱え込むと、立ち直るのが難しいと思い込んでいませんか?大丈夫!借金から立ち直る方法はあるんです。

家族を持ち、自宅や車などの大きな買い物や借金が増える30代だからこそ、万が一の備えは万全に。こちらでは30代が借金を抱え込んだ時の対策や、債務整理などの立ち直る方法を詳しくご紹介していきます。

30代が借金から立ち直るために必要なこと

30代が借金から立ち直るために必要なこと

借金しているという事実に向き合う

30代で返済しきれない借金に悩んだら、そこから立ち直るためにも自分の借金としっかり向き合うことが大事です。目を背けていても、当然ながら自分が抱え込んでいる借金は減りません。それどころか、利息によって借金はどんどん増えていきます。

確実に返済できるのであれば問題はありませんが、人生は何があるか分からないものです。「返せるだろう」と安易に考えるのではなく、早めに返済計画を立て直すことが大事です。

借金がいくらあるのか正確な金額をチェックする

30代が借金から立ち直るためにまずすべきことは、自分の借金の正確な金額を把握することです。借金を完済する第一歩は、自分の借金を正確に把握することから始まります。

昔大学に行くために受けた奨学金や、20代の頃のカードローンが残っていませんか?借入先のATMやインターネットのサイトで残高を照会するか、直接銀行などに出向いて、現在の返済状況を確認しておきましょう。

借金総額が分からない場合は確認すること

若いうちにした借金の金額や、借入先がわからなくなってしまったという30代もいますよね。この場合、無視をするのは厳禁です。

返済が滞っているリスクもあり、これから先本当に必要があって借金を申し込んだときの支障になるかもしれません。どうしてもわからない場合は、個人信用情報機関に問い合わせて自分の借金の状況を開示請求することもできます。借金から立ち直るためにも、早めに確認をしておきましょう。

過払い金が無いかを確認する

2010年7月以前からの借金が未だに残っている場合、過払い金請求の対象になる場合があります。というのも2010年8月から出資法が改正され、いわゆるグレーゾーン金利が撤廃されました。この法改正はそれ以前の借金についても適用されるため、もしその対象になっているのなら請求すれば過払い金が戻ってくるのです。

これは返済中の借金も対象になりますし、既に返済が終わっていてもそこから10年が経っていなければ請求が可能です。しかし逆に言えば完済してから10年以上が経過して時効になっていたり、借りていた業者が既に潰れて無くなっている場合は請求できませんので事前に確認が必要です。過払い金については以下の記事をご覧ください。

完済した借金は実は払い過ぎていた!過払い金請求ができる条件とは完済した借金は実は払い過ぎていた!?【過払い金請求ができる条件とは】

借金から立ち直るためには法律事務所に相談するのも手

借金から立ち直るためには法律事務所に相談するのも手

無料の減額診断

30代で借金の返済に困ったら、これからご紹介する法律事務所に相談するのが解決の早道ですが、最初にネットの無料減額診断をしてみるといいでしょう。

どれも法律の判断をもとに作られているので、正確です。過払い金の有無もわかるので、借金から立ち直るきっかけになりますよ。

東京ロータス法律事務所

債務整理の実績が高く、全国規模で魅了の債務相談に応じている事務所です。平日時間が取れない人のために土日も相談を受付けしているので、仕事を休めない責任ある30代におすすめ。

その人にあったトラブル解決策を丁寧に立ててくれますし、費用の分割払いにも対応しているため、返済が厳しい人も安心です。

アヴァンス法律事務所

テレビなどでCMを流している、知名度の高い法律事務所です。無料の債務相談から、完済までをトータルにサポート。減額報酬も過払い報酬も請求していないので、多額の借金で生活が立ち行かなう30代でも立ち直るチャンスを得られます。

過払い金請求の実績も豊富なので、安心して任せられますよ。

アヴァンスレディース

同じアヴァンス法律事務所でも、こちらは女性スタッフが対応。30代の悩める女性が借金から立ち直るための相談窓口です。男性弁護士は何となく怖いと感じる女性でも、同性なら話しやすくて安心感がありますよね。

秘密がしっかり守られるので、夫や家族にも借金のことを知られたくない人にもおすすめです。

30代で借金から立ち直るために債務整理を検討しよう

30代で借金から立ち直るために債務整理を検討しよう

①任意整理

借金問題で法律事務所に頼る前に、債務整理についてもよく知っておきましょう。30代で借金か立ち直るための一番の早道は、まず法律事務所のプロに依頼して仲介に入ってもらい、金利設定や返済期間の見直しをしてもらう任意整理です。

金利負担が減って生活が楽になりますし、裁判所を介さないため不利な記録が残りません。

②自己破産

債務整理=自己破産というイメージを抱く人は多いのですが、自己破産は最終的な手段と言えます。裁判所に申し立てることで財産を放棄し、借金の返済義務の免除を受ける手続きです。

借金がゼロになるのは助かりますが手元に資産が残らず、ゼロからのスタートになるので、30代が立ち直る手段としてはできれば避けたい方法です。

③個人再生

個人再生は住宅を資産として手元に残したまま、借金を大幅に減らせる債務整理の手段です。住む家が保証されるので、30代でも借金から立ち直るのがスムーズです。

ただし適用条件が厳しく、手続きは非常に複雑なので利用しにくい面があります。

多重債務の場合はおまとめローンで1つに債務を纏める

多重債務の場合はおまとめローンで1つに債務を纏める

30代の場合は利用できる銀行やローン会社が多く、借金が分散していることも多いですよね。実はこれは金利が増えて、返済が苦しくなるもと。期限をうっかり忘れて返済が滞るリスクも高いので、おまとめローンも検討しましょう。

奨学金も借り換えて一気に完済してしまったほうが借金の返済計画は立てやすくなり、そのぶんスムーズに立ち直ることができます。

債務を纏めることで管理が楽になる

借金の借り入れ先が複数あると、どこからの借金は毎月何日にいくら返済するという管理がどうしても面倒になり、それだけで返済するモチベーションに陰りが出てしまいます。おまとめローンを利用すればその名の通り借金を1つに纏められるのでそのような管理をする必要が無くなります。加えて残りの借金残高がいくらかと言うのも計算せずともはっきり可視化されるので、ゴールが見えやすくなることで現状に対して希望も見えてくるのではないでしょうか。

おまとめローンによって低金利で借り換えられる

おまとめローンの最大の特徴は、これまでの借金を全て合わせて低金利で借り換えられることです。借金において金利は一番のネックとも言えますから、これを低く抑えられるのは非常に大きなメリットと言えます。

金利が低くなることで返済額もそれに応じて減りますから、30代で借金を抱えている人は一度調べてみるのもありではないでしょうか。

借金癖に悩む30代はカウンセリングを受けてみよう

借金癖に悩む30代はカウンセリングを受けてみよう

借金に悩んでいるなら、カウンセラーに相談して見るのも選択肢の1つです。ある程度の借金は仕方がありませんが、遊興費や不必要な買い物で繰り返し借金をしてしまうなら、借金依存症の可能性が否定できません。借金から立ち直るためにも、一度相談してみてはいかがでしょうか。

カウンセリングを受けたことは周囲にばれない

借金は人に知られたくないと考える30代は多いのですが、カウンセリングを受けたという事実は周囲にばれることはありませんので安心して利用できます。またカウンセリングの際必要な個人情報についても厳密に守られますから、その点についても心配はいりません。

似たような境遇の人と話す機会もある

カウンセリングの中には、似たような境遇の人同士集まって何故今のような状況になってしまったのか、どうすればいいのかについて話し合うグループワークのようなプログラムもあります。これによって「自分だけじゃないんだ」と安心できると同時に、互いに励まし合い慰め合うことで前向きになれるようです。

30代で借金なんて自分だけじゃないだろうか、と不安に思ってしまう人もいるでしょうからそのような人たちにこそ、こういったプログラムを受けてほしいものですね。

30代でも借金を完済する手段はある、きっと立ち直ることはできる

この記事のまとめ
  • 借金している事実に向き合うのが大事。
  • 2010年7月以前からの借金がある/完済しているなら過払い金請求ができるかも。
  • 債務整理をすれば借金の利息をカットしたり、借金そのものを減額・帳消しにできる。
  • 弁護士などの専門家に相談することで道が開けるかも。
  • 借金癖に悩んでいるならカウンセリングを受けるべき。

30代の借金は生活のため、家族のためと切実です。収入が増えているだけに大きな金額の借金を抱え込みやすいので、計画的な借り入れを心掛けましょう。

立ち直ることができない借金はありません。法律事務所の助けも借りながら、無理なく債務整理も検討してくださいね。